記事

ガチンコ力士にケガ相次ぐ 「永谷園の呪い」と呼ぶ関係者も


【御嶽海にも優勝のチャンスが?(写真:時事通信フォト)】

 初日から満員御礼が続いている両国国技館で、空席だらけになっているのが、「支度部屋」である。東西に分かれた支度部屋は細長い形状で、コの字型に畳が敷かれた上がり座敷がある。正面奥に正横綱が陣取り、両脇に張出横綱と大関が座る。そこから少し間を空けて、左右に奥からほぼ番付順に力士たちが座っていく。ところが──。

◆支度部屋はガラガラ

 秋場所は記録が残る昭和以降で初めて3横綱が休場。

「正面奥は横綱しか座れないが、東の支度部屋は正横綱・白鵬も張出横綱・稀勢の里もいない。しかも、部屋の右奥に陣取っていた大関・高安が3日目から負傷休場。6日目からはカド番大関の照ノ富士も休場し、東の支度部屋は横綱も大関も不在となっている」(相撲担当記者)

 西の支度部屋も初日から張出横綱の鶴竜や、幕内ナンバー2の巨体(192キロ)の碧山(前頭2)の姿がなく、3日目からは小兵の大人気力士、宇良(前頭4)まで休場に追い込まれた。

「上位の力士が休場しても奥に詰めない力士がほとんどなので、奥のほうにぽっかりとスペースが空いている。連日満員札止めの国技館で、ここだけはガラガラですね」(同前)

◆「永谷園の呪いだ!」

 ガチンコの宿命──人気力士のケガが相次ぐ状況に、そんな言葉が思い浮かぶ。空前の相撲ブームを支えてきたのが、どの相手にも必ず全力でぶつかるガチンコ力士たちだ。

 稀勢の里、高安はその代表格であり、「碧山や宇良も平幕の実力派ガチンコ勢。目の肥えたファンはそれがわかっているから、声援も一際大きい」(協会関係者)のである。

 ただ、全力でぶつかるぶん、常にケガのリスクに晒される。かつて角界の八百長相撲を告発した元小結の板井圭介氏はこういう。

「土俵際でも最後まで絶対に力を抜かないガチンコ相撲は、見ている方にとってはもちろん面白い。ただ、やっているほうは常にケガと隣り合わせになる」

 人気力士から順に負傷休場しているのは必然という見方である。また、ガチンコ勢にケガが集中する状況を「永谷園の呪い」と呼ぶ関係者もいる。2日目の高安―玉鷲(小結)戦も、宇良―貴景勝(前頭5)戦も、永谷園の懸賞が2本かけられていたからだ。

「懸賞は勝った力士にとっては手取り3万円の収入になる。永谷園はCM起用した力士や人気力士の取組に複数本の懸賞をかけるので、相手が目の色を変えて向かってくる。かつてCMに出演していた高見盛(元小結、現・振分親方)や出演中の遠藤(前頭14)は懸賞金目当ての他の力士の標的になり、ケガに苦しんできた。

 永谷園は熱心な相撲ファンが応援する力士には下位でも懸賞を出すので、今は、それが必然的に実力派のガチンコ平幕に集中していく。激しい相撲になるから、ケガが多くなるわけです」(前出の協会関係者)

※週刊ポスト2017年9月29日号

あわせて読みたい

「大相撲」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国経済が低迷 文政権の陥る罠

    MONEY VOICE

  2. 2

    今年はAmazonセールよりPayPay

    永江一石

  3. 3

    パリの暴動 スタバが襲撃対象に

    田中龍作

  4. 4

    ソフトバンク HUAWEI問題で難局

    MAG2 NEWS

  5. 5

    日産社長の逮捕も避けられないか

    郷原信郎

  6. 6

    恩を仇で…世界は日産をどう見る

    山口利昭

  7. 7

    Amazonセールはコンビニ払いが得

    S-MAX

  8. 8

    芸より視聴率 M-1はルール改正を

    松田健次

  9. 9

    「七人の侍」海外で評価される訳

    NewSphere

  10. 10

    あおり事故 原因は運転の楽しさ

    赤木智弘

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。