記事

通勤コスト全国1位は神奈川県 往復2時間も当たり前、1人あたりの損失は年間約98万円

内閣府が8月末に発表した報告書「地域の経済2017」によると、神奈川県で年間1人あたりが負う通勤コストは、97万7000円で、全国で最も高かった。通勤時間が短い宮崎県や青森県などと比較すると、年間でおよそ70万円を通勤により損失している現状が浮き彫りになっている。

神奈川県の「15~24歳」は、往復約2時間半かけて通勤している

職住近接が実現したらこのコストも減らせるのでしょうが、壁はたくさんありそうです
職住近接が実現したらこのコストも減らせるのでしょうが、壁はたくさんありそうです

同報告書では、各都道府県の15歳~64歳を10歳ごとに5つに分類。通勤時間に平均時給をかけて通勤による機会費用(通勤コスト)を算出した。

神奈川県は1日あたりの往復通勤時間が長く、全年代の平均で120分近くに上っている。中でも「15~24歳」では148分と特に長くなっている。

年間の通勤コストの全年代平均で見ると、神奈川県が97万7000円で最も高い。2位以降は東京都(96万2000円)、千葉県(80万2000円)、埼玉県(78万7000円)となっており、首都圏が上位を占めた。5位以降は奈良県(69万2000円)、兵庫県(67万4000円)、大阪府(67万3000円)と、近畿地方がランクインしており、都市部ほど通勤コストが上がることがわかる。

一方で、全国で最も通勤コストが低いのは宮崎県で31万2000円。青森県(32万3000円)、岩手県(35万7000円)、大分県(35万9000円)、鳥取県(36万円)など、東北や九州では全般的に通勤コストが安い。神奈川県と宮崎県の差は、約70万円に及ぶ。

この結果を受けて内閣府は「職住近接の実現に向け、テレワークの推進や企業や政府関係機関の地方移転が進められている。働き方や働く場所の多様化を通じて、社会的な損失を抑制していくことが求められている」としている。

あわせて読みたい

「神奈川県」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    満員電車ゼロ 小池知事は今やれ

    藤田孝典

  2. 2

    反権力は正義か マスコミに疑問

    BLOGOS編集部

  3. 3

    橋下氏 感染数より死亡数を見よ

    PRESIDENT Online

  4. 4

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  5. 5

    藤浪感染で残念な私生活が露呈

    NEWSポストセブン

  6. 6

    安倍嫌いでも協力を 医師が訴え

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    キスも…慶応研修医の集団感染

    文春オンライン

  8. 8

    よしのり氏 政府の持久戦を支持

    小林よしのり

  9. 9

    感染爆発の米NY 市長が問題発言

    Rolling Stone Japan

  10. 10

    強制退寮 ハーバード大生に衝撃

    井上貴文

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。