記事

ホンダ新型「N-BOX」の乗り心地

9月1日に発売された新型「N-BOX」を試乗しました。軽とはいえ、大ヒット車のフルモデルチェンジですから、注目度は高いですよね。

画像を見る
※本田技術研究所主任研究員で新型「N-BOX」開発責任者の白土清成さん

依然も書いた通り、新型「N―BOX」の目玉は、安全運転支援システム「ホンダセンシング」の標準搭載です。「フリード」や「グレイス」に搭載されている最新の機能に、さらに「後方誤発進抑制」機能を追加した装備なんですね。

「先代モデルのお客さまの声を聞くなかで、ホンダセンシングが『ほしい』という声が大きかった。軽は小さいので、どうしても、ぶつかったときに怖いというイメージがあります。そのイメージを払拭するためには、絶対に必要なデバイスでした」

これは、開発責任者の白土清成さんのコメントです。軽に限らず、安全への消費者の意識は高まっていますからね。

試乗していちばんに感じたのは、やはり走りのよさです。とても軽とは思えない走りなんですね。軽としては初めて、可変バルブタイミングリフト機構の「ⅰ‐VTEC」を採用していますからね。防音性能を高めただけあって、静かだし、乗り心地はいいですわな。

走りのよさは、エンジンを刷新したことだけが理由ではないんですね。車体の軽量化が貢献しているんです。新型「N-BOX」は、先行モデルから80kgも軽量化を実現しています。これによって、燃費はもとより、加速、さらに交差点での曲がりなども非常にスムーズなんです。

「燃費を含めた走りは、自信をもっておすすめします。先代モデルも元気ですが、エンジンがフルに回ったときに、ちょっと“ギャーッ”という音がする。新型モデルは、その点、スムーズです。燃費は、リッターあたり1.4km向上しましたが、カタログ燃費より実用性を重視し、町のなかを走ったときにいい燃費が出るような仕様にしています」

と、白土さんは強調しました。

画像を見る
※新型「N-BOX」(2トーンカラー)

さらに、前にも触れた通り、内装がまた、格段にいいですね。軽だからプアということはまったくない。
「質感は、だいぶあげました。軽の品質、仕様というふうには、絶対に考えないようにしました。サイズが軽であるだけで、走りも、内装も、中身は普通車だというつもりで開発しています」(白土さん)

運転席など前席のシートはセダン並みによくなっています。それから、インパネ部分もいいですよ。それに、室内が広いですから、乗っていても疲れませんわね。

ちなみに、ターボ搭載車にも試乗しましたが、こちらはさらに加速がいい。中間加速も不安がない。苦しそうな音もない。

軽自動車は、もはやかつての軽ではないんですね。レベルが格段に上がっていることを実感しました。

あわせて読みたい

「ホンダ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    店員の言葉を疑ってかかる時代に

    Chikirin

  2. 2

    消費税廃止を 山本太郎氏の叫び

    田中龍作

  3. 3

    麻生氏の質高い答弁を伝えぬ報道

    青山まさゆき

  4. 4

    「ブラタモリ」が今も面白い理由

    メディアゴン

  5. 5

    ナカイの窓終了は商標トラブルか

    NEWSポストセブン

  6. 6

    恩知らずは消える 芸能界の現実

    倉持由香

  7. 7

    SEX未経験者が増加 要因に低収入

    文春オンライン

  8. 8

    大相撲「トランプ杯」授与に反対

    鈴木しんじ

  9. 9

    働き方改革で仕事減 局アナ退社

    BLOGOS編集部

  10. 10

    HUAWEI利用者 切り替えの検討も

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。