記事

大阪維新にとっては維新の将来を左右するような大事な選挙なんだろうが・・・

堺市長選挙の火蓋が切って落とされたようだが、どうも世間的な関心を引くような選挙にはならないようだ。

現職市長が勝っても維新の新人候補が勝っても、永田町や霞が関に激震が走るような選挙にはならないから、関心を持てと言われても東京にいる私たちには遠い話である。
これで橋下氏が前面に立つようであれば、今の維新の政治的影響力がどの程度であるか測るには絶好の材料になったところだが、やはり橋下氏は政治の世界からきっぱり足を洗ったようである。

橋下氏のいない維新は、カレーがないカレーライスのようなもので、これでもカレーライスなのか、と聞きたくなってしまう。

少なくとも東京では維新の火は、ほぼ消えている。

維新を名乗る都議会議員や区議会議員がおられるが、維新という名前だけでは一般の方々から共感なり支援を得ることは難しい。
維新というブランドがこんなにも急激に力を失ってしまったのか、と驚くばかりだが、政党の中での内紛はこんな風に政党のブランド力を低下させてしまうから、関係者の方々はくれぐれも注意された方がいい。

いずれは、都民ファーストにも降りかかってくる問題である。

都民ファーストのブランド力を上げていくためには、都民ファーストの名前でそれなりの成果を挙げていく必要がある。

小池新党が上手く立ち上がり、それなりの成果を挙げれば、都民ファーストにもそれなりの期待が集まるが、小池新党と都民ファーストの間に隙間風が吹いたり、若狭政治塾の輝照塾と都民ファーストの希望の塾の間に主導権争い的なものがあると、大分難しい話になる。

小池新党には維新の二の舞をして欲しくないので、小池さんにはもう少し深く小池新党に関わっていただいた方がよさそうである。
多分、都民ファーストにとっても大事なことだと思う。
小池さんがもう少し小池新党に前のめりになると、公明党も連合ももう少し小池新党に親近感を示すようになるだろうと思っている。

くれぐれも小池さんは、力の出し惜しみをされないことだ。
民進党の前原氏には突破力がないことがほぼ確定したのだから、ここは小池さんが頑張る時である。

あわせて読みたい

「堺市長選」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    池袋事故で20年前の職場晒す悪意

    tokyo editor

  2. 2

    幻冬舎問題 出版社は不要な存在

    かさこ

  3. 3

    磯野貴理子の離婚理由に同情の声

    女性自身

  4. 4

    言論の自由訴える丸山議員は無知

    赤木智弘

  5. 5

    戦争発言 元官僚の厄介な勘違い

    篠田 英朗

  6. 6

    母へ感謝を公にできぬ時代なのか

    文春オンライン

  7. 7

    「韓国を相手に」谷川議員に苦言

    大串博志

  8. 8

    保護者席に広末涼子 会場は騒然

    NEWSポストセブン

  9. 9

    土井善晴「現代人は食なめてる」

    文春オンライン

  10. 10

    丸山氏バッシングする野党に疑問

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。