記事

世界の悪役と化したディーゼルエンジン 実は改良余地大きい

1/2

【高い燃費効率を誇るマツダ「デミオ」のディーゼル車】


【電動化宣言をしているボルボだが…(V60)】


【ガソリン車の2倍の走行燃費があるメルセデス・ベンツ「GLS」】

 クルマの電動化や環境規制強化の高まりにより、軽油燃料で走るディーゼル車を廃止しようという動きが広がっている。国内でもホンダやSUBARU(スバル)が主に欧州で販売しているディーゼル車の販売縮小や撤退方針を打ち出している。果たして、ディーゼル車の使命は完全に終わったのか。自動車ジャーナリストの井元康一郎氏がレポートする。

 * * *
 およそ2年前、フォルクスワーゲンの排出ガス不正が露見してからというもの、ディーゼルバッシングは止まる気配がない。そればかりか、憎悪の対象は内燃機関全般に飛び火し、フランスのニコラ・ユロ環境相が2040年に内燃機関を終了させるという、現時点では実現可能性を想定しがたい目標を打ち出したほどだ。

 ディーゼル問題にいちばんナーバスになっているのは、ディーゼル車販売の絶対数が少ないアメリカではなく、今や本拠地の欧州だ。ドイツでは8月、乗用車市場におけるディーゼル車の比率が4割を下回った。これについて日系自動車メーカーの欧州担当者は次のように事情を説明する。

「ドイツの一般ユーザーがディーゼルを嫌っているわけではない。ディーゼルが減った理由はいくつかあるが、一番影響が大きいのは、複数の大都市がディーゼル車進入禁止という規定を設けるのではないかということが懸念されていること。

あわせて読みたい

「ガソリン・ディーゼル車の販売禁止」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    石原氏が怒る自衛隊員軽視に賛意

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    南青山住民にひろゆき氏らが苦言

    キャリコネニュース

  3. 3

    PayPayは成功? 商店街でみた現実

    MONEY VOICE

  4. 4

    4Kと8Kテレビの購入はまだ早い

    krmmk3

  5. 5

    トランプ氏の中国つぶしは本気

    MONEY VOICE

  6. 6

    ローラの辺野古巡る署名に10万人

    女性自身

  7. 7

    沖縄報道で感じる民主主義の危機

    中田宏

  8. 8

    自民議員 辺野古工事妨害に怒り

    和田政宗

  9. 9

    APAMAN爆発原因のスプレーに疑惑

    キャリコネニュース

  10. 10

    電子マネー乱立で不便になる日本

    かさこ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。