記事

親子就活

リンク先を見る親子就活 親の悩み、子どものホンネ (アスキー新書)
中村昭典
アスキー・メディアワークス

このアイテムの詳細を見る

毎年そうだけど、今年も就活本シーズンである。いろいろ出ているが、“親子”というユニークな観点でまとめたのが本書だ。

親世代にも実感できるようにバブル期と比較しつつ、現在の就職活動をまとめていく。就職活動というのは普通は一回しか経験しないものだから、何年経っても自分の時の固定観念でロックされがちだ。結果、現在の就活とずれてしまうリスクがある。予断だが、僕が見た最大のずれは、東大の就職イベントで就活に悩む後輩に対して「東大生ならどんと構えていればいい」と自信満々で語っていた痛いOBだ。もうそんな時代じゃないですから。

そこまでいかなくとも、50歳以上であれば、情報はアップデートする必要があるだろう。その点、本書は理想的な入門書である。

僕が特に気に入っているのは、本書が企業内の変化にも言及している点。成長時代の終焉、非正規雇用を活用した業務の切り分け、中途採用などの(一定の)流動化によって新卒一括採用は終焉しつつある。確かに景気変動の影響は依然として新卒採用に大きな影響を持つが、ただ好況を待っているだけではキャリアパスは開かれない時代だ。

後半、親と子の関係について章が割かれる。既に大学に親がついてくる程度では誰も驚かないだろうが、現実では会社に親がついてくる時代だ。企業もそれを意識して、父兄向け説明会まで始める企業もある。著者は必ずしも親の介入を全否定はしない(じゃなきゃこんな本は書かない)。むしろ安易な「お前の好きにしろ」は責任放棄だとする。その言葉は互いを理解した上での最後のきめ台詞だという考えには、全面的に同意したい。

記事をブログで読む

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    平井大臣の発言を文春が捏造か 内閣官房が公開した音声には企業名なし

    和田政宗

    06月23日 12:48

  2. 2

    菅内閣が「無観客五輪開催」を絶対に避けたい理由

    田原総一朗

    06月23日 16:02

  3. 3

    昭和の頑固オヤジ!JASRACと闘い続けた小林亜星さん

    渡邉裕二

    06月23日 08:04

  4. 4

    ワクチン不足で職域接種の新規受付を一時停止へ「可能配送量の上限に」 河野大臣

    ABEMA TIMES

    06月23日 21:39

  5. 5

    軽自動車はEV化で高価格に 「交通弱者」が増加するいま改めて考えたい軽自動車の役割

    森口将之

    06月23日 10:51

  6. 6

    低すぎないか、日本の物価水準

    ヒロ

    06月23日 11:31

  7. 7

    菅内閣支持率最低に 短命政権の可能性強まる

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    06月23日 17:13

  8. 8

    「すべては首相続投のため」尾身会長の警告さえ無視する菅首相の身勝手な野心

    PRESIDENT Online

    06月23日 08:26

  9. 9

    ”タコ山”だって守られたい?~「TRIPP TRAPP」高裁判決から6年、いまだ見えぬ境界線。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月23日 10:09

  10. 10

    小池百合子知事、静養へ。1,400万都民の命を預かる重責に心からの敬意を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月23日 08:23

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。