記事

親子就活

リンク先を見る親子就活 親の悩み、子どものホンネ (アスキー新書)
中村昭典
アスキー・メディアワークス

このアイテムの詳細を見る

毎年そうだけど、今年も就活本シーズンである。いろいろ出ているが、“親子”というユニークな観点でまとめたのが本書だ。

親世代にも実感できるようにバブル期と比較しつつ、現在の就職活動をまとめていく。就職活動というのは普通は一回しか経験しないものだから、何年経っても自分の時の固定観念でロックされがちだ。結果、現在の就活とずれてしまうリスクがある。予断だが、僕が見た最大のずれは、東大の就職イベントで就活に悩む後輩に対して「東大生ならどんと構えていればいい」と自信満々で語っていた痛いOBだ。もうそんな時代じゃないですから。

そこまでいかなくとも、50歳以上であれば、情報はアップデートする必要があるだろう。その点、本書は理想的な入門書である。

僕が特に気に入っているのは、本書が企業内の変化にも言及している点。成長時代の終焉、非正規雇用を活用した業務の切り分け、中途採用などの(一定の)流動化によって新卒一括採用は終焉しつつある。確かに景気変動の影響は依然として新卒採用に大きな影響を持つが、ただ好況を待っているだけではキャリアパスは開かれない時代だ。

後半、親と子の関係について章が割かれる。既に大学に親がついてくる程度では誰も驚かないだろうが、現実では会社に親がついてくる時代だ。企業もそれを意識して、父兄向け説明会まで始める企業もある。著者は必ずしも親の介入を全否定はしない(じゃなきゃこんな本は書かない)。むしろ安易な「お前の好きにしろ」は責任放棄だとする。その言葉は互いを理解した上での最後のきめ台詞だという考えには、全面的に同意したい。

記事をブログで読む

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池知事にアラビア語答弁を要求

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    ウォン売り継続 地獄の韓国経済

    PRESIDENT Online

  3. 3

    自民重鎮 テレ朝・玉川氏に苦言

    深谷隆司

  4. 4

    「モニタリング小泉」議員が皮肉

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    コロナ自粛で見えた隣人の本性

    松崎りえこ

  6. 6

    いきステ コスパ重視で復活可能?

    内藤忍

  7. 7

    電通委託 安倍一強が政治を劣化

    早川忠孝

  8. 8

    AVからスカウト 嬉しい女性心理

    幻冬舎plus

  9. 9

    「民度違う」麻生氏の発言が物議

    SmartFLASH

  10. 10

    給付金事業 経産省が定款準備か

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。