記事

「夢がない」という夢のある話

「経済にせよ雇用にせよ、最近は暗い話題が多いですね」というようなことをよく言われる。といっても実際そうなんだから仕方がない。
非正規切りにしても、06年から警告し続けてきて実際そうなってしまったわけだし。
「現状で問題ありません!これからも日本は繁栄し続けます!」

なんていうのはただのバカか詐欺師だ。

ところで、あちこちで話をしていて気付いたことがある。
「終身雇用を柱とする昭和型システムは絶賛崩壊中」という現状を解説すると、反応はどうも2種類に分かれるようだ。
まずは「はぁ…そうなんですか」と萎えるタイプ。新人から50代まで幅広いが、かちっとした会社の勤め人が多い。要するに昭和型システムで守られている(と本人は思って生きてきた)グループだろう。

一方で、「そりゃ面白いですねえ」とポジティブにとらえるグループもいる。

こちらも年代問わずだが、フリーや年俸制など、非昭和型のワークスタイルだ。
「面白いとはなんだ」と思うサラリーマンもいるかもしれないが、彼らにしてみれば汚れ役や使い捨てにされるわ、賃貸やローンは借りにくいわ、彼女の実家に挨拶に行ったらイヤミは言われるわ、雇調金はもらえないわ(でも税負担はさせられる)でいろいろ言いたいこともあるのだろう。

そういえば年末。某週刊誌の記者が二人、2010年の展望を取材に来て、
「サラリーマンの平均賃金はさらに10年下がり続ける」
「もう景気は大きくは回復しない」
「従業員数万人規模の超大企業で潰れるところが出始める」
「年金は実質破綻している。医療も団塊世代分までは支えられない」
「いずれにせよ現状のままなら、財政的に行き詰まる」
なんてダークな話をこってり話してあげたのだが、二人の反応が180度違っていて興味深かった。簡単にいうと、怯えた子犬のような目をするおじさんとワクワクする若手で、もちろん後者はフリーライターだ。
両者の間の壁が消え、制度に守られていたアドバンテージが消失するのだから、究極の格差是正といえるかもしれない。


考えてみれば、「幕府が倒れるから心配だ」というのは幕府の中の人だけでよいのであって、今から考えればそれは喜ぶべき進歩だった。
リセットボタンを押すか押さないかの違いはあるにせよ、リセット自体は遠からずなされるだろう。それを暗い話だと感じてしまう僕自身、まだまだ昭和的なモノを内部に引きずっているようだ。

記事をブログで読む

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    米ロ間で緊迫するウクライナと状況が似ている日本 国家戦略が乏しい“平和ボケ”の現状

    宇佐美典也

    01月25日 12:00

  2. 2

    年金が0.4%引き下げされてプンプンお怒りの皆さまへ

    永江一石

    01月25日 16:27

  3. 3

    「芸能改革元年」なるか 公正取引委員会が芸能界を狙い撃ち?

    渡邉裕二

    01月25日 09:01

  4. 4

    アジア系女性が地下鉄のホームから突き落とされ死亡 ニューヨーク

    ABEMA TIMES

    01月25日 15:39

  5. 5

    日本政府は歴史の事実をしっかり世界に説明する勇気と度量を持つべきだ

    深谷隆司

    01月25日 10:29

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。