記事

山尾志桜里議員の説明責任? 全く必要なし 議員辞職せよ、などというのは民主主義の劣化だ

1/2
 相変わらずの山尾議員叩きが続いています。文春砲第二弾が待っているとかですが、私は大した興味はありません。

 ご自身は否定されていますが、私は「不倫」という言葉で論じています。まだ本人が否定しているのにという批判もありますが、要は私にとって、山尾氏両名の関係が「一線」を超えているかどうかなどの詮索こそどうでもいいし(説明責任ってそれですか。くだらない。)、そこにしか興味がいかないことにこそ、こうした「スキャンダル」にばかりに目を向けている現実の政治にこそ憂うべき状況があるというべきです。

 その意味では、山尾議員の説明責任など全くナンセンスです。

 山尾氏は、「男女の関係はない」と述べたそうですが、私から言わせれば「ノーコメント」であるべきでした。

 答える必要もないものです。国政に関することとか、汚職とかそういったものであれば説明責任は政治家として当然に要求されるものですが、不倫問題は、あくまで私事にすぎません。国政に何の関係があるのですか。
自民・岸田文雄政調会長「説明責任果たしていくことが大事だ」」(産経新聞2017年9月7日)

「政治全体に対する不信を招くということであるならば残念なことだ。与野党の立場を超えて政治全体として深刻に受け止めなければならない」とも語った。」
 自民党岸田氏が言うかという内容ですが、不倫が政治不信を招いて加計、森友両学園問題が政治不信を招かないのであれば、その方が大問題でしょう。いつの間にかうやむやにしてしまい、多少、安倍内閣の支持率が上がれば、それでおしまいですか。

 疑惑問題よりも不倫問題の方が有権者が興味が大きいとすれば、その方が大問題でしょう。自民党支持層には不倫問題は関係ないのかもしれませんね。

 不倫をする人が国家に身を捧げられるのかなどという批判に至っては、そもそも身を捧げるって何ですかというもので、あまりに時代がかった物言いに驚かされます。

 昭和の時代の男の政治家どもは当然に妾を持っていたでしょうが、だから大日本帝国が崩壊したと言うのでしょうかね。おもしろい理屈です。

政治家の不倫はなぜいかんか」(ブロゴス)

 私が先般、山尾氏批判を女性だからかもね、と述べたところですが、まあトンチンカンな批判ばかりを目にしました。

山尾志桜里議員の離党は残念だ ますます議員として活躍してもらいたい

あわせて読みたい

「山尾志桜里」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    アビガン承認煽る声に医師が苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    賭け麻雀苦言の労連トップが朝日

    和田政宗

  3. 3

    外国人選手が逮捕 試合なく薬物

    阿曽山大噴火

  4. 4

    安倍首相の言葉と行動大きく乖離

    畠山和也

  5. 5

    羽田で4人感染 ブラジルから到着

    ABEMA TIMES

  6. 6

    布マスクは金の無駄 飛沫防げず

    諌山裕

  7. 7

    森法相の国会答弁ねじ曲げに呆れ

    大串博志

  8. 8

    誹謗中傷の規制急ぐ政治家を危惧

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    森法相の迷走 元凶は安倍首相

    猪野 亨

  10. 10

    慰安婦団体 真の目的は日韓分断

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。