記事

ジミーの誕生日

リンク先を見るジミーの誕生日 アメリカが天皇明仁に刻んだ「死の暗号」
猪瀬 直樹
文藝春秋

このアイテムの詳細を見る

1948年12月23日、午前零時1分。一人の男が絞首台に上った。
元宰相の東條英機だ。6人の男たちも後に続いた。
なぜ、彼らA級戦犯はその日に処刑されねばならなかったのか。

旧家の取り壊しの際に出てきた祖母の日記を、一人の女性が猪瀬氏に持ち込んだことが発端となり、昭和の忘れられた歴史が浮かび上がってくる。

日本がポツダム宣言受諾を決めたのは8月10日。マッカーサーが厚木に降り立つ28日までの間、権力の空白期間ができた。マッカーサーが降り立つ直前まで、厚木には徹底抗戦派が篭城し、「マッカーサーがやってきたら特攻をかける」と意気込む兵までいたという。結局、彼らを説得したのは皇族だった。

そんな中を先遣隊と共にやってきたマッカーサーが、速やかな武装解除と占領のためには「天皇制度が不可欠だ」と考えるようになったのも当然だろう。

退位もさせず、裁判にも呼ばず、引き続き“平和日本”の象徴として地位に残ってもらうため、憲法制定の動きとあわせ、様々な駆け引きが繰り広げられる。
最終的に駆け引きに勝ったアメリカは、自分たちが作った枠組みをより強固なものとするために、最後にある仕掛けを残した。

なるほど、彼らが心配したように、お調子ものの日本人はとっくに戦争のことなんて忘れ果てている。東條が死刑になった日なんて、誰もおぼえちゃいないだろう。
ただ一人を除いては。それにしても、60年後、今度は中国がその象徴を使うことになるとは、彼らも予想しなかっただろう。
今年ももうすぐ12月23日がくる。

少なくとも本書を読んだ人は、その日にもう一つの意味があることを思い出すはずだ。

記事をブログで読む

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「10万円相当の給付」にかかる経費1200億円にみる政治家と役人の非常識感

    ヒロ

    12月07日 11:27

  2. 2

    久しぶりに『週刊さんまとマツコ』をみて驚いたワケ。

    メディアゴン

    12月07日 11:44

  3. 3

    「大東亜以下」マイナビのメールで改めて可視化された学歴フィルター

    キャリコネニュース

    12月07日 14:08

  4. 4

    今年の目玉はマツケンサンバ!? NHK紅白歌合戦に漂う「終焉」の空気

    渡邉裕二

    12月07日 09:02

  5. 5

    消費税減税勢力は狙われたのか?書類送検や週刊誌リークについて山本太郎氏が言及

    田中龍作

    12月07日 10:16

  6. 6

    新型コロナ下の報道と衆議院選の結果から見えた日本のマスコミの限界 - 佐藤敏信

    先見創意の会

    12月07日 09:23

  7. 7

    「コールでも回し飲みでもない」保健所が見落としていた歌舞伎町の"本当の感染経路"

    PRESIDENT Online

    12月06日 15:53

  8. 8

    ふるさと納税を毎年続けるのは「罪深い」行為?

    内藤忍

    12月06日 13:01

  9. 9

    泉田議員vs星野県議の騒動を自民党本部、そして岸田総理は見て見ぬ振り?

    ABEMA TIMES

    12月07日 16:13

  10. 10

    くら寿司、出店効果で売上高が過去最高、最終利益も黒字転換

    東京商工リサーチ(TSR)

    12月07日 16:54

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。