記事

政治というコスプレ

若者マニフェスト策定委員会のメンバーで、10月の朝生にも出演した市川市議会議員の高橋君が、市川市長選に出馬した。
というわけで昨日、2時間ほど応援に行ってきたのだが、本人がげっそりしていて驚いたのなんの。
「選挙のたびに10kg痩せる」と聞いたことがあったけど、話半分というわけでもなさそうだ。

そういえば以前、別の若手議員がこんことをこぼしていた。
本当は政策的な勉強会や活動をもっとやりたいのだが、地元周りを減らすだけで「最近、天狗になった」とか「○○さんは真冬でも毎朝7時に駅前に立ってるのに」なんて地元で言われるのだそうだ。
昭和というかなんというか、“おしん”みたいな世界観である。
きっと、過去には勉強熱心だったり、高度な専門性を持つ候補もいたのだろう。
が、スポ根と浪花節が大好きな国民の下、選挙という自由競争を通じて淘汰され、気が付けば選挙バカが適者生存する国になってしまったのだろう。
「新人は役職なんかつかずに選挙に専念しろ」と言う小沢さんなんて、まさに昭和型政治家の典型だ。

実をいうと、車があるのにわざわざ自転車で回ってみたり、金持ってるくせにドンキでスーツ買うようなヤツは大嫌いだったのだが、少し考えが変わった。
あれは“おしん”のコスプレみたいなものなのだろう。
彼らにそれをさせているのは有権者なのだから仕方がない。

ところで、スポ根も浪花節も、社会的には明らかに退潮気味である。
Webの選挙活動を解禁し、ネット投票などもできるようにすれば、そういう活動を通じて得られる票の方が浪花節を逆転するのではないか。

選挙バカ一代はいやだという若手政治家は党派を超えて、時代遅れの公職選挙法の改正に尽力していただきたい。

記事をブログで読む

トピックス

ランキング

  1. 1

    猫の目が…奇跡の失敗写真が話題

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    立民党はなぜ全く期待できないか

    宇佐美典也

  3. 3

    収監された周庭さん 12人部屋に

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    社民党を食いつぶした福島瑞穂氏

    文春オンライン

  5. 5

    安倍氏に弁護士「虚構だった?」

    郷原信郎

  6. 6

    投資家がマイホームのリスク指摘

    内藤忍

  7. 7

    GoTo見直しで焦る日本の敗戦模様

    文春オンライン

  8. 8

    タトゥー女子急増?「映え目的」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    菅氏はカジノより介護を優先せよ

    毒蝮三太夫

  10. 10

    独裁者に目を付けられた周庭さん

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。