記事

福島正則に学ぶ部下のマネジメント

先日の「新人をライン応援に」という話に続き、トヨタがヤマハから応援まで受け入れているようだ。

もっとも、この手のことは良くある話で、00年前後には電機もトヨタへ応援を出していた。派遣元は余剰人員を遊ばせずに日銭が稼げるし、派遣先は短期の需要を後腐れ無しに賄える。実に合理的なワークシェアリングだといえる。

問題は「守られるのが既に正社員という地位を手にしている者だけ」である点だ。

考えてみれば、実に不思議な話だ。自社の非正規雇用を切り捨てつつ、わざわざよそから正社員さまを借りてくるのだから。

ふと、江戸時代初期の大名・福島正則のエピソードを思い出した(名将言行録より)。
領内の酷政にたまらず陳情に来た農民達を捕まえて、正則はあっさり処刑してしまう。
その時のセリフがなんともすかしている。
「俺の部下は俺のために命を張っている。それに比べてお前たちは年貢も払おうとせずなんという言い草だ」(意訳)
そして、それを見て士気を高めるマッチョな家臣団一同…。

要するに、戦国大名出身の福島正則にとっては、同じ階層の家臣こそ守るべき身内であり、その下の領民というのは、搾取と切り捨ての対象に過ぎないわけだ。
農民にとってはたまったものではないが、武士階級にとって正則は良い雇用主である。
そして、やってることはそのまま、現在の大手労使と同じだろう。
まさに身分制度である。

身分制度を崩すには、特権的身分保証を取り上げるしかないという点は、今も昔も変わらない。現代の特権とは何なのかは、もう一々言わないけれど、“友愛”とか“リベラル”という言葉が本気で好きなら、今の自分たちが特権階級よりだということくらいは知っておくといい。

記事をブログで読む

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    日大・田中英寿前理事長の逮捕で “ドンの宿敵” が権力闘争宣言!「彼は最低の人間」

    SmartFLASH

    12月08日 09:09

  2. 2

    日本人が大好きな「両論併記」によって致命的な戦争が決定された――日米開戦80年目の真実 - フォーサイト編集部

    新潮社フォーサイト

    12月08日 09:47

  3. 3

    毎日新聞記者の脅迫的取材 毎日新聞はジャーナリズムとは認められない

    和田政宗

    12月08日 12:52

  4. 4

    「10万円相当の給付」にかかる経費1200億円にみる政治家と役人の非常識感

    ヒロ

    12月07日 11:27

  5. 5

    久しぶりに『週刊さんまとマツコ』をみて驚いたワケ。

    メディアゴン

    12月07日 11:44

  6. 6

    「大東亜以下」マイナビのメールで改めて可視化された学歴フィルター

    キャリコネニュース

    12月07日 14:08

  7. 7

    今年の目玉はマツケンサンバ!? NHK紅白歌合戦に漂う「終焉」の空気

    渡邉裕二

    12月07日 09:02

  8. 8

    新卒の「大企業へ就職」は負け? 発展性の乏しい大企業で何を学ぶかが大事

    川北英隆

    12月08日 09:41

  9. 9

    女子学生に強制わいせつか 筑波大学の教授を逮捕

    ABEMA TIMES

    12月08日 09:22

  10. 10

    【追悼 川柳川柳師匠】軍歌を歌い続け「戦争体験」を伝え続けたオンリーワンの落語家

    松田健次

    12月08日 09:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。