記事

今週号の東洋経済が厚労省のパンフレットな件

今週号の週刊東洋経済が、まんま厚生労働省パンフか、某御用学者の本でも丸写しにしたような内容である。
というか、はっきりいうと、よくこれ出せたなというような間違い&誤解だらけだ。
友人曰く「噴飯もの」らしい。大丈夫か東洋経済。

多すぎていちいち突っ込まないけど、一部だけ書いておくと、世代会計って社会資本の受益や負担を考慮して出してるものだ。
「それを考慮すれば格差なんて無い」というのは理解不足。
鈴木先生の試算も誤解している。二重の負担を現役〜将来世代で負担しましょうというもので、これから格差の拡大するのをブロックしようという意味だ。
世代間格差がなくならないから意味がないというような浅いものではない。

相変わらず、企業負担なんて幻想だという事実も理解できていない。

以前も述べたように、厚労省は保険料方式から税方式になり、年金というオモチャを取り上げられることを恐れている。
そこで、御用学者の尻を叩いて一緒にキャンペーンスタートしたわけだ。
04年には悪名高い「世代間ごとの年金給付額と保険料負担額の倍率」を出すが、企業負担を意図的に無視、大甘な数字の利用でさんざん叩かれている。

なぜ今さら東洋経済が敗色濃厚な厚労省陣営に参戦するのかよくわからない。

経済誌でこれはちょっとかっこ悪いと思うよ。
だって、改革案に対する粗探しばかりで、まともな対案が載っていないんだもの。
「で、要するに何が言いたいの?どうしたいの?」
と言われたら、編集責任者はどう答えるのだろうか。
厚労省のパンフにしか見えないというのは、そういうスタンスのゆえだ。
百歩譲って、両論併記にすべきだったろう。
まあ、実名出された論者が反論するだろうから、今後が楽しみではあるが。

記事をブログで読む

トピックス

ランキング

  1. 1

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  2. 2

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    朝日の言論サイト「論座」で誤報

    やまもといちろう

  4. 4

    テラハ 作り上げたリアルの実態

    浮田哲

  5. 5

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

  6. 6

    官邸主導で露呈 日本の技術敗戦

    新潮社フォーサイト

  7. 7

    フジは迷走? コロナ禍のTV企画

    メディアゴン

  8. 8

    首相がアビガン承認を急いだ背景

    川田龍平

  9. 9

    日産だけでない自動車会社の問題

    ヒロ

  10. 10

    Rキャンベル コロナは時間の災害

    村上 隆則

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。