記事

西川社長の辞任理由がよくわからない

日本郵政の西川社長が辞任した。というか実質クビを宣告されたわけだが、そのロジックがよくわからない。
かんぽの宿騒動というのは、政治キャンペーンでしかない。平成の大疑獄だとか言ってキャンペーンの片棒担いでいた自称経済学者もいたが、結局何にも出てこなかった。
朝日新聞も、総務省自らやり直した資産価値は250億であり、赤字事業分を加味すれば、別に大騒ぎすることはないんじゃないかと社説でたしなめている。
(「かんぽの宿・大山鳴動して何が残った」朝日新聞4/8)

郵便割引制度悪用事件にしても西川以前の話で、まあそれも含めて現役トップが責任を取れというのなら、「税収が減ったのは麻生さんのせい」だの言わずに鳩山さんが責任取れというロジックになる。

もっとも、キャンペーンならキャンペーンでもいい。そして、それにそぐわないからという理由で、トップの首を挿げ替えるのも、民間ではよくある話だ。

問題は、その先のビジョンがいまひとつ見えてこないという点だ。
(四社再統合の国民新党案は論外としても)民主党案の郵便局と郵便事業を一緒にすることに、それほど重大な意味があるとは思えない。
紙離れが進む中、今の生産性のままでは、将来的にこれらの事業が赤字になるのは確実であり、税金で支えることになるだろう。
まさに第二のJALである。
それでいいのか。というか、そうやって既得権を守ってやるのが目的なのか。

仮にも小泉郵政民営化では、それぞれの事業が民営化によって利益をあげるか、あるいはそれが可能な規模に適正化をしていくというビジョンがあった。
今のところ、「国にぶら下がる」という以外のビジョンは見えない。
そして、かんぽの宿は今も赤字を生み続ける。

今後、まともなビジョンが示せない場合、鳩山兄弟と亀井大臣と、あとついでに森永卓郎は全財産を供出して簡保の宿を買い取るべきだ。
そうでなくても金も時間も無いのだから。くだらない政治闘争は終わりにしろと言いたい。

記事をブログで読む

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    河野大臣「ワクチンは十分に足りている」接種状況について説明

    河野太郎

    08月03日 09:13

  2. 2

    在宅勤務で生産性低下した国は日本だけ? 背景に対面コミュニケーション依存の働き方

    非国民通信

    08月02日 15:12

  3. 3

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  4. 4

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  5. 5

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  6. 6

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  7. 7

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  8. 8

    来るべき自動車産業戦国時代を勝ち抜ける日本がなぜEVなのか?

    ヒロ

    08月03日 11:52

  9. 9

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  10. 10

    世界初の自動運転「レベル3」登場も複雑化する使用条件

    森口将之

    08月03日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。