記事

SUVタイプのEV、近く投入の可能性=日産副社長

[横浜市 7日 ロイター] - 日産自動車<7201.T>のダニエレ・スキラッチ副社長は7日、ロイターなどとのインタビューで、近くスポーツ用多目的車(SUV)タイプの電気自動車(EV)を投入することを検討中と明らかにした。同副社長はEV事業を統括し、世界の販売・マーケティングを担当する。

スキラッチ副社長は「われわれの持つ強力なEVの経験から考えると、EVをクロスオーバー(SUV)に展開することは、まったくもって筋が通っている」と述べ、「クロスオーバーEVを近く投入する可能性がある」と語った。具体的な投入時期など詳細については言及を避けた。

日産はEV「リーフ」の全面改良車を6日に世界初公開した。10月から国内で、2018年1月から米国、カナダ、欧州で納車を始める。18年―19年めどに中国への投入も計画しており、計60カ国・地域以上への投入を検討している。

18年に追加投入する新型リーフの上級モデルの航続距離(1回のフル充電で走行できる距離)について同副社長は、米国基準で225マイル(約362キロメートル)以上になる見込みと話した。

上級モデルの航続距離については、西川廣人社長が6日、記者団に対し、300マイル以上になるとの見通しを示したが、特定の国の基準に基づいて認証を受けたものではないとしていた。バッテリー容量は60kWhという。

スキラッチ副社長は、競合他社もEVを相次ぎ投入することは自動車市場にとってプラスであり、EVが「民主化」する機会になるとの見解を示した。

(田実直美、白木真紀)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「レジ袋の有料化」と「レジ袋の減少化」が生んだ本末転倒な事態

    自由人

    09月22日 22:07

  2. 2

    賃上げ・労働分配率向上策は、河野氏の法人税減税よりも高市氏の人材育成投資が有効

    赤池 まさあき

    09月22日 09:04

  3. 3

    アメリカの輸入規制撤廃に福島から喜びの声 「菅首相の置き土産?」指摘も

    BLOGOS編集部

    09月22日 16:26

  4. 4

    横浜市長就任後も疑惑について説明しない山中竹春氏 ウソと恫喝の追及は続く

    郷原信郎

    09月22日 10:56

  5. 5

    菅さんの水面下での仕事の成果が今になって出て来たようだ

    早川忠孝

    09月22日 15:52

  6. 6

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  7. 7

    サンドウィッチマン、かまいたち、千鳥…Googleで検索されている芸人ランキング

    放送作家の徹夜は2日まで

    09月22日 10:48

  8. 8

    ワクチンパスポートの目的は差別じゃない~区別と差別を明確に切り分ける重要性~

    山崎 毅(食の安全と安心)

    09月22日 08:19

  9. 9

    公明・山口代表 給付金を選挙公約に掲げるも「何をいまさら」と呆れ声

    女性自身

    09月22日 16:21

  10. 10

    河野太郎氏は、国会議員投票でも一位を取るべく全力を尽くしべし

    早川忠孝

    09月22日 17:41

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。