記事

半島有事

1/2

秋の気配が漂いだした8月29日早朝、北朝鮮が日本上空を越えて太平洋に向けてミサイルを発射。瞬時にミサイル通過が予想された空域の自治体エリア(北海道など12道県)ではJアラート(全国瞬時警報システム)が作動し、エリアメール、緊急速報メールが携帯電話などで流された。

TV局も通常番組から一斉に画面が切り替えられ、ミサイル情報をめぐって列島に緊張が走り大騒動となった。ミサイルは約2700キロ飛行し、北海道上空を通過して襟裳岬東約1800キロの太平洋上に落下した。

今年になって北朝鮮は弾道ミサイルを含めてすでに13発も発射している。

8月上旬には中距離弾道ミサイル4発をグアム島周辺海域に発射する「攻撃計画」を公表し、日本の島根県、広島県、高知県上空を通過することもあわせて発表。

これらの威嚇にトランプ大統領は、「これ以上米国を脅かせば、世界がかつて見たことがないような炎と怒りに直面する」と一蹴。両首脳の発言は互いにエスカレートし、米朝の緊張感は高まり続けてきた。

さらに3日には国際社会の自制要請を無視する形で6度目の核実験が強行され、北朝鮮は重大報道として「ICBM搭載用の水爆実験を成功裡に断行した」と発表した。

過去の核実験に比べてはるかに大きく、威力は広島原爆の10倍超で水爆との見方もある。

一連の北朝鮮の挑発行動は、核・ミサイルの保有国であることを国際社会に認めさせたうえで、体制の維持に向けて米国との直接交渉を有利に運ぼうとする意図は明白だと考える。

朝鮮半島情勢の緊張はまさに最高レベルに達している。

この間、我が国政府の対応は迅速、適切であったと思う。

安倍総理は「ミサイルの動きを完全に把握しており、国民の生命を守るために万全の態勢

をとった」と言明し、イージス艦やPAC3による迎撃態勢をとったことを示唆した。

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  2. 2

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  3. 3

    官邸がTV監視? スクープに称賛も

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

  5. 5

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    ほんこん 政治的発言をする理由

    マイナビニュース

  7. 7

    新しい生活様式嫌がる日本医師会

    御田寺圭

  8. 8

    元民主・細野氏らデマ拡散へ揶揄

    文春オンライン

  9. 9

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  10. 10

    飲み会の2次会 死語になる可能性

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。