記事

福島県よりも東京、大阪、福岡に住んだ方が危険という事実

1/3
他のブログでも数ヶ月前から取り上げられておりますが、都道府県別のがんによる死亡率は10万人中71人から98人(2009年)とおよそ30人近い開きがあり、仮に100mSvで0.5%増えたとしても、福島県のがんによる死亡者数は84.8人から85.2人に増えるだけであり、東京、大阪、福岡に住む方が高い事実は変わりません(1)。

チェルノブイリで一番酷い例で、年間10人増えていますから、東京から大阪に逃げた人はわざわざチェルノブイリで一番酷かった地区に引っ越すようなことをしているわけです。

集計表のダウンロード:[がん情報サービス 医療関係者の方へ]

こういった違いが生まれる理由として、食習慣、大気汚染度、交通機関の発達度、医療施設の発達度、医療技術の均一さや格差、食材の質、酒やタバコの社会的な許容度、電磁場環境などが複雑に絡んでいると考えられます。

放射能による被害が単一の理由であるのに対して、環境の違いは複雑系であるため確実に防ぐ方法は引っ越し以外ありません。

福島の子供を避難させるべきだと主張していた人たちはまず、青森の子供たちを他県に避難させるべきだと主張した方が、子供を守るという意味では合理的です(これはもちろん皮肉です)。

しかも、実際は避難疲れによる一時的な死亡率上昇はあっても、長期的ながんによる死亡率はホルミシス効果が働いて、ぐっと下がるはずです(2)。

しかし、私はそれだけでは足りないと考えています。

国をあげて福島県民のがんによる死亡率を国内最低に持って行くべきだと思います(3)。

画像を見る

そのためなら、通常の数倍程度の医療・健康整備費を払っても良いでしょう。

何故なら、福島県の発がん死亡率が日本中で一番低いというのが、あらゆる分野で国内国外に対する最も効果的なメッセージとなるからです。

これほどコストパフォーマンスの良い投資先はないでしょう。

あわせて読みたい

「放射能」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ロンブー淳「BTSに話聞きたい」

    キャリコネニュース

  2. 2

    服脱ぐ女性ファンも SNSで過激化

    渡邉裕二

  3. 3

    なぜ金持ちはタワマンを嫌うのか

    PRESIDENT Online

  4. 4

    Tシャツ騒動で悪化する日韓問題

    ヒロ

  5. 5

    音喜多氏 上田都議は対話を拒否

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  6. 6

    林修氏 人脈求めるさもしさ指摘

    キャリコネニュース

  7. 7

    企業の学歴フィルターは当たり前

    永江一石

  8. 8

    電車の迷惑行為 リュックが最悪?

    非国民通信

  9. 9

    大半の人は簡単なこともできない

    NEWSポストセブン

  10. 10

    養老孟司氏「終活なんて現代病」

    みんなの介護

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。