記事

カンボジアでの農業についての四方山話

最近、急に農業関係の問合せを頂く事が増えてきました。

リンク先を見る以前から問合せ自体は沢山あったのですが、「売り物件はありませんか?」といった、いわゆるブローカーからの問合せが圧倒的に多くて、購入者ご本人ではない人からの問合せばかりでした。

最近は購入者ご本人からの問合せが増えまして、かなり突っ込んだやりとりをさせて頂いています。私は別にブローカーでも良いのですが、ほとんどの人は『日本式の土地情報を右から左へ流すだけのブローカー業』に慣れている様で、少し突っ込んだ話をするとすぐに逃げてしまって全くお話しにならない方々ばかりなのです。

簡単な物件情報のみを欲しがる人が大多数ですね。こういう方々は、もし問題が起きた時には速攻で逃げるのでしょうね(笑)。リンク先を見る

カンボジアで土地を購入する事は、法律や制度が整っている日本の様に簡単ではありません


例えば農地であれば、土壌・水質・境界・近隣・スタッフの待遇・設備・運営・管理・地方行政(州・郡・町・村)との調整・担当の役所への届出などなど、様々な問題が出てきます。プロのブローカーとして、きちんと購入者と調整して繋いで頂き、きっちり最後まで対応に協力して頂ける方であれば私も協力は惜しみません。
ただ、問題が起きた時には責任を押し付けて逃げてしまうだろうな、と思われる方々は最初から排除させて頂いています

下手に情報を渡してそれが詐欺にでも利用されたら全く洒落になりませんから

リンク先を見る私は今、友人のゴム農園の管理の手伝いもしていますが、カンボジアの農業は非常に奥が深いです。見に行くたびに発見があり、感心することがあり、予想外の事件が起きたり(いきなり地面から水が噴出して作物が流されたりとか)、スタッフが勝手に色々な野菜を作って食べていたり、私が知らない内に現地マネージャーが敷地内に大きな池を作って大規模に魚を養殖していたりと、油断も隙もあったものではありません(笑)。

ウチのスタッフは気持ちの良い連中ばかりで、収穫物やトラクターの燃料、建築資材などの盗難などはありませんが、こういた問題で悩まされている外国資本の農園は結構あります。

リンク先を見るそうそう、最近分かったのですが、『現地の農園でスタッフ達と一緒に彼らと同じご飯が食べられるか?』という所に、スタッフ達との信頼関係が築けるかどうかの境界線がある事に気が付きました。私は何も考えず普通にやっていたのですが(笑)、ほとんどの外国人オーナーたちはこれが出来ないのだそうです。

まあ、電気やガスどころか水道すらもない粗末な小屋で、溜めた雨水と現地の食材(時々、ウサギとか猪とかヘビとか)で作った料理を、沢山の蚊や見たこともない虫にブンブンやられながら彼らと一緒に飲み食いするのは結構キツイ事なのかもしれませんね。

他にも、ちょっと雑収入があった時などに彼らにビール(ベトナム製の安いやつ)を買って行ってやると、それはもう大喜びします。また、バイクで通り過ぎる時に近所の人たちに手を振るだけでも全く対応が違います。こういった何気ない事が意外に重要だったりします。

盗難が無かったり、何かあったら助けてくれたり、未然にトラブルが防げたり、よくある境界問題でも大モメにならなかったり、こういったことはほとんどの日本の方は知らないかと思います。まあ、『今まで大きなトラブルが無かったのはこういうことだったのね』と、私も最近になって気が付いたばかりなのですが(笑)。

リンク先を見るカンボジアに来てから、農地を中心に物件は数百ヶ所は見て回ったでしょうか。土壌については元々カンボジア国立農業研究所の土壌の専門家と一緒に色々やった事もあって、一目見れば大体分かる様になりましたし、森林やブッシュの開拓・開墾もやりました。特にゴムやキャッサバについてはかなり詳しくなりました。

でも、結局行き着く所は『人』なんですよね。カンボジアの人は基本的に穏やかですが、プライドは高いのです。彼らも仕事上での上下関係はもちろん理解していますが、それ以外のところで下に見たりバカにしたりすれば、当然協力的にはなりませんし、場合によっては痛い目にあいます(韓国の人はこれでよく問題を起こします)。カンボジアでのビジネスの成否は、全ては人間関係に掛かっていると私は思っていたりします。

あわせて読みたい

「カンボジア」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「大規模会場予約 67% 空き」はお役所仕事の想像力欠如 ~ なぜ「高齢者」に拘り続けるのか

    近藤駿介

    06月14日 14:19

  2. 2

    オリジナルを常に超越してくる 愛すべきガーナの手描き映画ポスターの世界

    木下拓海

    06月14日 11:34

  3. 3

    「ディズニーランドのついでに予約」女性向け風俗の利用者が爆増しているワケ

    PRESIDENT Online

    06月14日 15:30

  4. 4

    LGBT、夫婦別姓…“憲法改正”は令和に必要か? 憲法学者「最高裁や国民がしっかりしないといけない」

    ABEMA TIMES

    06月14日 09:28

  5. 5

    東大・京大も志願者減で止まらぬ「国公立離れ」 その最大の要因は何か

    NEWSポストセブン

    06月14日 08:38

  6. 6

    歳を取ると「厄介な人」になりがちな理由

    内藤忍

    06月14日 10:57

  7. 7

    私がDHC吉田会長の在日コリアンに関する妄想は相手にしなくていいと思う理由

    宇佐美典也

    06月14日 12:00

  8. 8

    チュートリアル、友近…ギャラ100万円芸人がリストラ危機なワケ

    女性自身

    06月14日 12:27

  9. 9

    小池百合子「女帝」の最後の切り札 五輪中止に動くタイミングはあるのか? - 石井 妙子

    文春オンライン

    06月14日 08:32

  10. 10

    東芝報告書で思い知った調査の破壊力の大きさ

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月14日 09:07

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。