記事

Googleストリートビューが撮った奇跡の写真

Google+がFacebookの対抗馬になりえるか?という議論はGoogle+のリリース時から続いている話題ですが、実は脅威を感じているのは FacebookじゃなくてTwitterじゃないのか?という話もあったりします。今回は先日リリースされたGoogle+に企業ページを開設できる Google+ページが、さらにTwitterにプレッシャーを与えているのでは?という記事をThe Next Webから。 ― SEO Japan

画像を見る



Aaron Hobsonの個人サイトの写真ギャラリーを目にする時、誰もが彼自身が世界中を旅し撮影してきた素敵な写真群と思うことだろう。



Google+でMike Elganに教えてもらった彼のサイトは、ミステリーと美、そして芸術性が混在した存在だ。Aaronが南アフリカの岬に立ったり、メキシコで霧に溶け込むハイウェイの前で彼が撮りたい瞬間の写真を撮ったわけでないのだ。



リンク先を見る



上の写真を良く見ると、映っている人物の顔が皆ぼやけていることに気づくだろう。これはAaronによるアート的な加工ではなく、Googleストリートビューの車が撮影した1写真にすぎない。



これらの写真がGoogleストリートビューの機械的に、無機質に撮影されたものだとうは到底信じることができない。



リンク先を見る



Googleストリートビューが撮影した美しい写真は過去にも見たことがあるが、ここまで様々な写真をキュレーションしたサイトは見たことが無い。



リンク先を見る



この記事は、The Next Webに掲載された「These gorgeous photos were taken by Google Street View Cameras. Really.」を翻訳した内容です。


Google MapやEarthが登場した時は日本でもそこで見える面白写真をキュレーションしたサイトやブログが登場して話題になった記憶がありますが、ストリートビューのアプローチは斬新でした。記事にもあるように私も幾つかこの手のモノを見たことはありますが、このAaron Hobson氏のコレクションは過去ベストです。写真にうるさい人にストリートビューの写真といわず見せた時の感想が聞きたいですね。ってただの嫌な奴ですが。探せばもっとありそうですし日本限定で発掘しても感動写真が眠っていそうです。。。どなたかいかがでしょう? ― SEO Japan

あわせて読みたい

「Google」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  2. 2

    なぜ不祥事を起こした議員の「除名」に極めて慎重なのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月19日 08:21

  3. 3

    鈴木宗男氏が、枝野代表の総裁選への指摘に苦言「論外」

    鈴木宗男

    09月19日 10:53

  4. 4

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  5. 5

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

  6. 6

    堀江貴文「コロナ禍に資格の勉強を始める人が見落としている根本的な間違い」

    PRESIDENT Online

    09月18日 14:24

  7. 7

    アンタタッチャブル「共演NG説」あった松本人志との共演急増のワケ

    NEWSポストセブン

    09月19日 09:23

  8. 8

    4候補のコロナ対策 立憲民主党含めて 具体策、実効性は乏しい

    中村ゆきつぐ

    09月19日 11:52

  9. 9

    東京都医師会の尾崎会長 自身の医院でなぜ陽性者を受け入れていないのか

    NEWSポストセブン

    09月18日 17:04

  10. 10

    先進国唯一の異常事態 「安値思考」から抜け出せない日本 - 渡辺 努 (東京大学大学院経済学研究科教授)

    WEDGE Infinity

    09月18日 10:45

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。