記事

テキサス州の一部製油所が操業再開へ、ハリケーン直撃から1週間

[ヒューストン 2日 ロイター] - 先月25日に大型ハリケーン「ハービー」の直撃を受けた米南部テキサス州の沿岸部では、浸水などの被害に伴う製油所の閉鎖から1週間が経つ中、一部の製油所が操業再開に取り組んでいる。

メキシコ湾岸の大半の製油所は引き続き操業を停止しているものの、米国の燃料供給を巡る懸念を和らげる第一歩となりそうだ。

エクソンモービル<XOM.N>は、米国で2番目に大きいベイタウン製油所(日量56万0500バレル)の操業を再開したと発表。

フィリップス66<PSX.N>はスウィーニー製油所(日量24万7000バレル)の再開に向けた作業を進めているとした。

これに先立ち、バレロ・エナジー<VLO.N>は1日遅く、コーパスクリスティ地域の製油所での生産を拡大中だと発表した。

ただ、モティバ・エンタープライゼス[MOTIV.UL]が所有する全米最大規模のポートアーサー製油所(日量60万3000バレル)は依然閉鎖中。ガソリンスタンド関係者によると、モティバは顧客に対し、燃料不足に備えるよう伝えたもよう。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

あわせて読みたい

「ハービー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    山本太郎氏が社民党に引導渡す日

    やまもといちろう

  2. 2

    輸出規制めぐり文在寅氏に焦りか

    AbemaTIMES

  3. 3

    陸上スーパー女子高生なぜ消える

    PRESIDENT Online

  4. 4

    007起用の黒人女性めぐる勘違い

    諌山裕

  5. 5

    日韓問題に米「出来る事はする」

    ロイター

  6. 6

    韓国で不買運動 ユニクロも打撃

    文春オンライン

  7. 7

    山本太郎氏は国会で討論すべき

    早川忠孝

  8. 8

    TV局がツイート謝罪で失った信頼

    孝好

  9. 9

    元駐日大使「責任は韓国政府に」

    文春オンライン

  10. 10

    よしのり氏 007はやはり白人男性

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。