記事

【重要】欧州財政危機問題解決の切り札が出る? 欧州委員会の報告書はユーロボンド(ユーロ圏共同債)発行を事実上容認

欧州委員会(European Commission)は今週公開予定の報告書の中で「現状の欧州憲法を改正することなくユーロボンドを出せる」という判断を示しています。

ユーロボンドは通常、ユーロ圏共同債と訳されており、これはドイツ、フランス、イタリアなどのEU各国が全体として発行する、米国の財務省証券に相当する国債です。

ユーロボンドはギリシャ危機に端を発し、イタリアなどへ飛び火している欧州財政危機問題の切り札と目される解決法です。

ユーロボンドの発行は事実上、ヨーロッパ各国の財政主権をEUに委ねる決断となるため、各国から強い反発が予想されます。その反面、ユーロボンドは欧州金融安定ファシリティ(EFSF)などの現存の解決法に比べて遥かにシンプルな構造なので金融商品としては強靭で人気が出やすいと思われます。

今回示されたディスカッション・ペーパーは欧州委員会におけるユーロボンド発行の是非を巡る議論の「叩き台」にされる報告書です。

詳細は実際にこのディスカッション・ペーパーが公表されてからでないと判然としませんが:
1.今でも合法的にユーロボンドは発行可能だ
2.しかし全てのEU参加国がユーロボンド発行に合意した方が発行条件は良くなる
3.そのためには条約改正が必要になるし、それは長い道のりだ

という事が論じられているそうです。

このディスカッション・ペーパーはウォールストリート・ジャーナルにリークされているようです。

あわせて読みたい

「欧州危機」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。