記事

日韓・韓日議員連盟の幹事会、そして文大統領の表敬訪問を終えて

1/2

 8日の20日、21日と韓国を訪問してきました。

 訪問の用事は来る11月の日韓・韓日友好議員連盟に先立っての、韓国側との打ち合わせ、幹事会への出席でした。

 初日には新しい文大統領の元で国務総理に就任している李洛淵(イ・ナギョン)さんと、お酒を飲みながらいろんなことを語りました。李さんは国務総理になる前は、全羅南道という南の方の地域で、尊敬される著名な知事として有名な方でした。政治家になる前は新聞記者をされていた方で、駐日記者の経験もあります。日本のことについて非常に明るく、また日本に対してとても理解がある方でした。

 経歴から予想できる通り、知日家で知られる李さんですが、大統領選挙中に対日関係で強硬的な発言を続けていた今度の文大統領は、この知日家の著名人を大統領を補佐する役割である国務総理に任命したわけです。このあたりを見ても、大統領の度量の深さが読み取れます。

 日韓議連の幹事会のあとに我々議員団は文大統領を表敬訪問しました。文大統領は、非常に清潔感があふれており、頭も良く、日本のことについても熟知しているという感じが致しました。かつての盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領の側近として活躍された方であり、また、盧武鉉大統領が裁判にかけられたときには弁護団の幹事として活躍された方でもあります。度量の大きさと、現実を見る目の確かさなどを見ますと、極めて優秀な政治家だという印象を受けました。

 

 いま韓国が抱えている問題としましては、何と言っても北朝鮮との問題です。金正恩(キム・ジョンウン)が何をするかによって世界が大変な混乱を迎えるかもしれないという、日々大きな危険にさらされているわけであります。そこでこの金正恩氏というのは、言ってみればピストルをもった赤ん坊のようなものであって、周辺の大人と話をしない。自分一人で何をするか分からない。それが大変な脅威になっているわけです。

 この彼が世界から孤独に陥っている現状を見ますと、彼の相談役となるような人物が必要だと言えます。彼を孤独に陥らせないために、韓国の大統領が民族の同胞として、何かあるたびに彼に相談に乗ってあげる立場に立てば、少しは安心感も出るのではないかと思います。

あわせて読みたい

「文在寅」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナ検査で病院へ行くのは愚か

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    楽天の三重苦 送料無料は無理筋

    大関暁夫

  3. 3

    コロナ巡り医師がTBSで政府批判

    水島宏明

  4. 4

    コロナ報道に消耗 不安を煽るSNS

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  5. 5

    コロナ特効薬なぜ開発進まないか

    NEWSポストセブン

  6. 6

    辻元氏が個人党会費の転用を否定

    辻元清美

  7. 7

    肺炎対応で読み取る各国の戦時中

    奥山真司

  8. 8

    籠池氏が100万円事件の真相告白

    文春オンライン

  9. 9

    「安倍首相どこ」肺炎対応で批判

    ロイター

  10. 10

    韓国でコロナ感染者増加が最多に

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。