記事

資本主義を「保守」する政党はどこか?

民進党の枝野幸男氏から電話があって、代表選の結果報告と推薦文を書いたお礼があった。
枝野氏は予想以上の善戦をしたのではないか?
わしは枝野氏を幹事長にして、挙党体制を作ってもらいたい。

前原氏と枝野氏の間で、そんなに距離があるとは、わしは思えず、自民党との対立軸を明確にしなければ、民進党の存在意味はなくなってしまう。

民進党内の「保守」という勢力はよく考えて欲しい。
第二自民党や第三自民党を作るのが「保守」ではない!

弱肉強食の新自由主義(自民党)か、将来不安を軽減する再分配型(民進党)かという対立軸は、前原氏でも枝野氏でも同じだ。

強者に儲けさせればトリクルダウンで庶民に富が滴り落ちて来るという政策は、もうとっくに破綻している。
民進党の掲げるボトムアップ型は、単なる社会主義ではなく、それこそが将来不安のない環境で、民間の活力を生み出して、資本主義を活性化させる政策になるだろう。
それが資本主義を「保守」する方法論なのだ。

一般国民は、安倍政権と民進党の政策の差がまだ分かっていない。
ていねいに説明すれば分かるのだ。
テレビの司会者が、「自民党は強い、民進党は弱い」というイメージを植え付けるから、一般人は「勝ち馬」に乗ろうとする。

民進党が悪いわけじゃなくて、マスコミが自民党との政策の差を説明する能力がなく、国民が政策の差で選ぶことができないのである。
弱肉強食か?将来不安の除去か?
国民はこの差で選べばいいだけなのだが、テレビがこれを伝えない。
民進党も、もっと一般国民向けに、超分かりやすく違いを訴えれば勝てるはずだ。

資本主義を「保守」する政党はどこか?
わしはこの観点から、民進党を応援しているのである。

あわせて読みたい

「民進党」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    テラハ問題を理解できぬ若者たち

    NEWSポストセブン

  2. 2

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    賭け麻雀合法? 宗男氏声荒らげる

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

  5. 5

    裏に電通? 怪しいコロナ業務委託

    青山まさゆき

  6. 6

    欧州で超過死亡 コロナ関連か

    ロイター

  7. 7

    黒川騒動で賭け麻雀モラル崩壊へ

    木曽崇

  8. 8

    役満狙った黒川氏 イカサマ失敗

    毒蝮三太夫

  9. 9

    月に30万円稼ぐパパ活女子の本音

    文春オンライン

  10. 10

    コロナ抑えたハワイ 店舗も再開

    荒川れん子

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。