記事

有吉弘行のプロレス

1/3

11月1日に放送された『ロンドンハーツ』では、これまで有吉弘行の暴言によって被害を受けたと主張するメンバーが、有吉に謝罪を求めるという「有吉被害者の会」が放送された。

番組はこれまでの有吉の暴言を振り返り、それについて被害を訴えるという流れで行われた。

画像はこちら

たとえば、グラビアアイドル代表として磯山さやか、熊田曜子が彼の暴言によって仕事の方向性が変わってしまったと訴える。

しかし有吉は

「ホントに尊敬してるよ、磯山さんのことは。俺、日本のロバート・デ・ニーロだと思ってるから。太ったり痩せたり(笑)」

「俺が(ポッチャリで)止めてあげてるんだよ。この前まであなた『デブ山さん』って言われてたんだよ

などと暴言を吐き続け

俺、口の悪い下町のおっさんくらいに思ってみなよ。心は優しいなって思っちゃうでしょうよ。

と開き直る。

熊田: 私たちグラビアアイドルってそんなふうに扱われたこと今までなかったんですよ。でも有吉さんのせいで雑になってるんです、扱いが。あの子たちは何言っても平気なんだっていうふうに有吉さんがいない番組でもそうなってきちゃってる。

有吉: 仕事しやすいっていうか、使いやすいタレントになってるんじゃないかなって僕自身は思ってるんですよ。

淳:  有吉のお陰で熊田ってこういうふうにいじればいいんだって模範解答見せてくれたおかげで他にいい影響があったりとか。

熊田: きついこと言われてもスタッフさんとか淳さんは後でフォローしに来てくれる。

有吉: 俺はスタッフとか淳さんみたいに下心ないからね。

淳:  バカヤロー!(笑)

有吉: じゃあ、番組でさんざん罵ったとしたら、楽屋行ってケツのひとつでも触ってやればいいってこと?

吉村: 下町すぎるぞ! 今の発言は!

などという流れで熊田曜子が
こういう番組って今までの経験上、言いあえる仲っていうのはプライベートでも知ってて、ちょっとプロレス的な感覚でやるのかと思ってたら……。
と安易に口走ると、それを聞き流さず有吉、話を遮って
まずはちょっとプロレス業界全体に謝ってほしい

いわゆる「仲良し同士の暗黙の了解でケンカする」ことを「プロレス(的)」と呼ばれることを多くのプロレスファンは嫌う。

それはプロレスの本質から逸脱しているからだ。

「プロレス的」という言葉を嫌った有吉がこの日見せたものこそ本当の意味でバラエティにおける「プロレス」的な攻防だった。

あわせて読みたい

「テレビ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  4. 4

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  5. 5

    コロナ禍も国内工場は異常な強さ

    PRESIDENT Online

  6. 6

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

  7. 7

    感染リスク高い5つの場面に注意

    赤池 まさあき

  8. 8

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    トランプ氏 逆転攻撃はほぼ不発

    WEDGE Infinity

  10. 10

    学生転落 巻き添えの女性が死亡

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。