記事

世界最大級のTレックス化石修復へ、米博物館が2019年春に再展示

[30日 ロイター] - 米シカゴのフィールド博物館は30日、「スー」の愛称で親しまれている白亜紀の恐竜Tレックスの化石の展示を暫く休止し、最新の知識を反映した再修復作業を施したうえで2019年に再展示すると明らかにした。

スーは、1990年にサウスダコタ州で発見され、発見者の名前にちなんで名づけられた。全長12.3メートルのスーは、これまでに発掘されたTレックスの化石としては世界最大級で、最も完全で最も良い保存状況にあった。

来年2月に展示スペースから撤去され、2019年春に新たなスペースで再展示される。

博物館の担当者によると、今回の修復で最も注目されるのは、肋骨に似た働きを持つ胃層骨片と呼ばれる骨の追加。これは胃部にかけて存在し、呼吸を可能にしていたとみられている。この骨を追加することで、スーの大柄さや膨らんだ胃のイメージが分かるようになるという。鎖骨や肋骨の位置なども過去の誤解を正した状態に修正される。

さらに、コンピューターモデルの解析をもとに、スーの体重をこれまでの5─7トンから9トン以上に修正するという。 

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    毎日の誤報「公正」は口だけか

    青山まさゆき

  2. 2

    NHK「しれっと」報道訂正に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    トランプ氏の側近3人 暗躍失敗か

    WEDGE Infinity

  4. 4

    タクシーのマスク強制が嫌なワケ

    永江一石

  5. 5

    橋下氏「否決なら住民投票無効」

    橋下徹

  6. 6

    JALの旅行前検査 医師が「ムダ」

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    田代まさし闘病で収監延期の現在

    SmartFLASH

  8. 8

    タワマン強盗の恐怖を被害者激白

    NEWSポストセブン

  9. 9

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  10. 10

    鬼滅旋風で頭抱える映画配給会社

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。