記事

訂正:「ハービー」被害調査でドローンを本格活用、米保険会社など

[ボストン/シカゴ 30日 ロイター] - 米テキサス州を襲った熱帯低気圧「ハービー」を受け、保険業界などは数十億ドルにも上るとされる被害の状況を調査するため、ドローン(無人飛行機)を使う試みを始める。保険金支払いの迅速化にもつながるとみられている。

商用ドローンメーカー「Kespry」のジョージ・マシュー会長兼最高経営責任者(CEO)は「ハービーはどの企業のドローンの能力が高いかを試す機会だ」とし、業界の転機になるとの見方を示した。

米連邦航空局(FAA)は昨年6月、撮影や施設調査などの商用目的にドローン活用を拡大するため規制を緩和。ハービーはそれ以降、2度目の大型ハリケーンとなる。

AT&T<T.N>は30日、ハービーが上陸したコーパスクリスティなど州南東部にある電波塔の状況を調べるため、ドローン25機の活用を始めたと発表。

不動産保険ではテキサス州第2位のオールステート<ALL.N>は、保険金申請手続きが本格化した場合、少なくとも週数千回は被災地にドローンを飛ばす見込みだという。

また、保険大手のファーマーズ・インシュアランス(訂正)もKespryのドローンを活用し、地上の調査員と共同で被害状況を調査することにしている。

*最終段落の「保険大手のファーマーズ・インシュアランスやチューリッヒ保険<ZURN.S>の系列企業」を「保険大手のファーマーズ・インシュアランス」に訂正します。

あわせて読みたい

「ハービー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    音喜多氏がみた辻元議員のズルさ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    アイリスオーヤマ製TVの凄さとは

    WEDGE Infinity

  3. 3

    フォロワー160万人 AV女優の戦略

    NEWSポストセブン

  4. 4

    日本モデルに再現性ない 報告書

    文春オンライン

  5. 5

    岩田健太郎医師のGoTo批判に疑問

    かさこ

  6. 6

    コロナ終息後に旅行業界は混乱か

    後藤文俊

  7. 7

    ヌード講座判決 賠償命令の背景

    町村泰貴

  8. 8

    菅首相の会見「無に等しい内容」

    大串博志

  9. 9

    具体性なきベーシックインカム論

    WEDGE Infinity

  10. 10

    昭恵氏 夫ピンチもパーティーへ

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。