記事

トランプ米大統領、税制改革の必要性訴える 議会に圧力

[スプリングフィールド(米ミズーリ州) 30日 ロイター] - トランプ米大統領は30日、税制改革について演説し、雇用創出に向けて「米国のための」法人税減税が必要だと訴えた。議会での合意が必要だと強調し、民主党にも協力を求めたが、具体策は示さなかった。

ミズーリ州スプリングフィールドで行った演説で、大統領は国内の法人税率について、15%への引き下げが依然望ましいとした上で、法人税減税は国の競争力を取り戻すために不可欠との認識を示した。

トランプ氏は演説で「米国で雇用を維持し、雇用を創出するとともに、労働者を獲得するために、米国の法人税率を引き下げねばならない。理想としては税率を15%に引き下げたい」と語った。

ただ、議会では現行35%の法人税率について、25%への引き下げで合意できるかどうかも不透明とみられている。また、アナリストやロビイストの間では税制改革法案の年内可決に悲観的な見方が広がっており、包括的な改革ではなく単純な減税にとどまるとの観測も一部で出ている。

トランプ氏は演説で、議会が医療保険制度改革法(オバマケア)見直しで合意できなかったことなどを念頭に「議会に落胆させられたくない」と強調、「議会は復活を遂げるだろう。そう願う。米国がそれを期待している」と述べた。

大統領は、法人税減税を行えば経済成長が押し上げられ、米企業の競争力が高まることから、賃金上昇につながるとしているが、民主党は、こうした考えが過去数十年間に労働者と富裕層の格差拡大の原因になったとして否定的だ。

下院歳入委員会の民主党トップであるリチャード・ニール議員は「トランプ大統領がこれまでに示してきた税制改革案を踏まえると、富裕層や大企業が最終的な勝者になる」との見方を示した。

一方、共和党のライアン下院議長は「(改革)実現に向けた決意でわれわれは団結している」と表明した。

トランプ大統領は税制改革の原則として、簡潔性、競争力のある税法、中間層向け減税、国際的な法人税の改革の4つを挙げた。

KPMGで連邦法・規制サービスを統括するジョン・ジミグリアーノ氏はこれについて「1つ1つは優れており、どれも実現可能だが、1つの法案で4つの原則を同時に達成することは極めて難しい」との見方を示した。

トランプ氏は9月5日にホワイトハウスでライアン下院議長、ムニューシン財務長官、コーン国家経済会議(NEC)委員長、マコネル上院院内総務(共和党)および上下両院の税制担当委員会の共和党委員長と税制改革について話し合う。

*内容を追加しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  2. 2

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  3. 3

    歌舞伎×ジャズピアノ、タップダンスにイマジン…五輪開会式はなぜ変化球で攻めたのか

    毒蝮三太夫

    07月31日 08:05

  4. 4

    緊急事態宣言下で爆発している今の状況での延長なんて反感しか産まない ただ政府だけに責任押しつけるな 

    中村ゆきつぐ

    07月31日 08:58

  5. 5

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  6. 6

    無法地帯になってきた空港と選手村 感染爆発が止まらないのも道理

    田中龍作

    07月31日 08:43

  7. 7

    なぜ無効な政策をいつまでも続けるのか?

    青山まさゆき

    07月30日 16:11

  8. 8

    どうして日本から敢えて海外移住するのか?

    内藤忍

    07月31日 11:03

  9. 9

    「桜を見る会」不起訴処分の一部を不当に 検察審査会法の改正は司法改革の大きな成果

    早川忠孝

    07月30日 19:09

  10. 10

    五輪で弁当4000食廃棄にショック 河野大臣も驚きのけぞる

    柚木道義

    07月30日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。