記事

商業高校フードグランプリ2017 高知県立安芸桜ケ丘高等学校「なすのプリン」が全国優勝

1/2
BLOGOS編集部
2017年8月26日、パシフィコ横浜で高校生プロデュースの地元特産品を使った商品ナンバーワンを決める「商業高校フードグランプリ2017」が開催された。

優勝したのは中国・四国ブロック代表の高知県立安芸桜ケ丘高等学校。来場者の投票で決める「来場者賞」とダブル受賞となった。

「なすのプリン」が全国優勝

高知県安芸市特産品の茄子の魅力を発信し、過疎化が深刻な地元に貢献したいと、高校生が努力を重ね生み出した商品が「なすのプリン」。

プリン1個に小ぶりの茄子がまるごと1本入っているというもので、ポリフェノールやアントシアニンが多く含まれる皮ごと調理しているのがポイントだ。

キャラメルソースを加え、子供でも食べられるようにクセのない仕上がりで、言われなければ茄子が入っているとはわからないほど。卵不使用でアレルギーにも配慮している。

「安芸市の茄子をPRできて嬉しい」と、表彰式のステージでは、大粒の涙をこぼしていた。

食に関わる若い人材の育成を

食に関わる若い人材の育成と、商業教育における「商品開発」科目の実践的教育の場の提供を目的とした本大会。主催の伊藤忠食品では、2016年より高校生採用を復活させ、2017年度は8名の高校生が入社したという。

全国大会に出場した高校生プロデュースの商品は、同社の株主優待にも採用されている。

高校生たちは、プロが集まる国際オーガニックEXPOに3日間ブースを出店。

自分たちの生み出した商品が実際に通用するのか、リアルな現場でビジネスを体験することが貴重な経験にもなる。

決勝大会は各校5分のプレゼンテーションが行われ、地域への貢献や販売戦略を必死にPR。

特別審査委員に服部栄養専門学校校長の服部幸應氏、料理研究家でタレントの宮前真樹氏を迎え、 味はもちろんのこと、ネーミングやデザイン、商品の流通性や発展性など、厳しい審査が行われた。

あわせて読みたい

「地方創生」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。