記事

問われるべきシーシェパード支援企業

1/2
反捕鯨を旗印に、反捕鯨ビジネスで資金を得る海賊シーシェパードが、今年は南極海における日本の調査捕鯨に対する妨害活動を中止することを発表しました。リーダーのポール・ワトソン船長が、日本とコスタリカから国際指名手配されたことで追い詰められ、逃亡先のフランスから一歩もでることができないこと、また日本の調査船の船体破損などへの弁済で約3億1600万円を支払ったことで資金不足に陥ったものと思われます。

派手な妨害活動を展開することで存在をアピールし、世界の動物愛護感情に訴え、そこにまた企業が乗るという構図に綻びがでてきたことになります。そもそも反捕鯨は、ベトナム戦争でナパーム弾を使うなど非人道的軍事行動をとったアメリカへの批判をかわすために、アメリカが切り出したものです。その後は、畜産輸出国が先頭に立って反対するという構図になっています。捕鯨が容認されれば、牛や豚の輸出に影響がでることを恐れてのことでしょう。

麻生さんがまた突っ込まれるようなナチスの動機と結果の話で物議を醸し出されていますが、そもそも反捕鯨は結果だけでなく、動物愛護でカモフラージュしているものの、動機そのものも不純です。そして、腐敗は腐敗を引き起こすということでしょうか、日本では反捕鯨利権が発生しているともいわれています。これはかなり以前に指摘させていただきました。

国際捕鯨委員会から脱退しないから怪しげな組織や予算が残る :

あわせて読みたい

「シーシェパード」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    池袋被疑者のさん付け報道に怒り

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    なぜ「上級国民」を逮捕しないか

    深澤諭史

  3. 3

    10連休混雑は? 渋滞予報士ズバリ

    BLOGOS編集部

  4. 4

    池袋暴走 高齢者に甘い日本社会

    猪野 亨

  5. 5

    カレー事件 死刑囚長男の違和感

    篠田博之

  6. 6

    セブン騒動でコンビニ崩壊危機も

    大関暁夫

  7. 7

    田原総一朗氏「元号必要なのか」

    田原総一朗

  8. 8

    党首が無職 パワーワードな政党

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  9. 9

    堺市長辞任 追及せぬ議会の事情

    橋下徹

  10. 10

    富士通45歳リストラは少子化招く

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。