記事

利賀村でロシア版ハムレット

1/2
 ロシア文化フェスティバル「ロシアの季節」の一環として、サンクトペテルブルク・アレクサンドリンスキー劇場の「ハムレット」が、演出家・鈴木忠志氏が率いる「演劇の聖地」、富山県利賀芸術公園で上演された。この舞台は、芸術公園のサマー・シーズン2017のプログラムに入っており、日本の観衆は初めて接した。ロシアNOW記者は、楽屋裏を訪れ、アレクサンドリンスキー劇場のワレリー・フォーキン芸術監督に話を聞いた。

芝居のリハーサル=ナタリア・ススリナ撮影芝居のリハーサル=ナタリア・ススリナ撮影

 今回の「ハムレット」の舞台は、 利賀の演劇空間に合わせてある。アレクサンドリンスキー劇場の舞台装置の縮小版を特別に木材で作り設置した。

芝居の舞台=ナタリア・ススリナ撮影芝居の舞台=ナタリア・ススリナ撮影

 また、日本のほか、中国、オーストラリア、アメリカなどを含む世界各国の俳優、研修生も、上演に参加した。彼らは、鈴木忠志氏のもとで、スズキ・トレーニング・メソッド・プログラムにより研鑽を積んでいる。

ハムレットとレアティーズの剣術試合の稽古=ナタリア・ススリナ撮影ハムレットとレアティーズの剣術試合の稽古=ナタリア・ススリナ撮影

 ワレリー・フォーキン監督は、こうした日本の演劇スクールについて、また日本の俳優たちとの共演や日本の観客の特徴などについて、ロシアNOWに語ってくれた。

最も現代的な演出の『ハムレット』でさえ、欠かせない小道具がある。髑髏だ。=ナタリア・ススリナ撮影最も現代的な演出の『ハムレット』でさえ、欠かせない小道具がある。髑髏だ。=ナタリア・ススリナ撮影

古典芸能と現代芸術の人気

 「バレエや音楽の公演が成功するのはむしろ自然なことだ。それは言葉を必要としない、より普遍的で国際的な言語なのだから。だが、新しい芸術となると話は別で、既存のイメージをひっくり返さねばならず、誰もがそれを受け入れる準備ができているわけではない」

芝居の舞台=ナタリア・ススリナ撮影芝居の舞台=ナタリア・ススリナ撮影

 「我々が上演する『ハムレット』は非常に現代化”されている。例えば、俳優は、現代の衣装を着たり、歴史的衣装をまとったりする。こういうのも、一部の観客にはあるていど理解しにくいだろう。概して、異なる意味の流れを捉えられないような観客には難しいのは当然だ。いくつかの意味の層が展開し始め、それらの背後にある内的な流れを捉えねばならないとなると、やはり難しい。それには一種の教育が必要になる。どんな観客も準備、教育されねばならない。ロシアにはそうした問題があり、我々はこれに取り組んでいるわけだが、日本にも同じ問題はあると思う」

あわせて読みたい

「ロシア」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    都知事がアラビア語拒否した顛末

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

  2. 2

    報ステの富川アナが嫌われるワケ

    渡邉裕二

  3. 3

    倉持由香 誹謗中傷で弁護士依頼

    倉持由香

  4. 4

    米の「韓国切り」で文政権ピンチ

    PRESIDENT Online

  5. 5

    小池知事 カギは卒業証書の現物

    郷原信郎

  6. 6

    コロナで航空優待券が驚きの価格

    PRESIDENT Online

  7. 7

    米スーパーで合法的万引き状態か

    後藤文俊

  8. 8

    コロナ感染と減収 苦難抱えるCA

    小林ゆうこ

  9. 9

    コロナで露呈 日本の構造的問題

    ヒロ

  10. 10

    リアリティ番組 海外相次ぎ自殺

    田近昌也

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。