記事
  • Willy
  • 2011年11月18日 06:00

少年よ、サラリーマンになれ - 統計学+ε: 米国留学・研究生活

My Life After MIT Sloan の Lilac さんが久々に
「大人になっても夢を持ってよいということ」
をエントリーして大きな反響があったようだ。
そこで応援と宣伝を兼ねて私も前から思っていることを書きたいと思う。
それがタイトルの通りだ。

私は、日本で学生をしていた頃、
中高生向けの進学塾で数学を教えていた。
その塾は優秀な生徒が多く集まるところで、
毎年、東大や医学部に多数の合格者を出していた。

そんな中、合格祝賀会や合格体験記特集で語られる卒業生の将来の夢は
大抵、医師になる、弁護士になる、大学の研究者になる、のいずれかだった。
もちろんそうした職業は、知的好奇心を多いにそそり、
社会の役にも立つので、それが立派な夢であることは間違いない。
しかし、自分が年齢を重ねるにつれて不安になってきたのは、
彼らのような学業優秀な高校生も
極めて限られた職業のことしを知らないのではないか
ということだ。

先進国の雇用のほとんどは企業から生まれ、
我々が享受している、ハイブリットカー、顔を認識してくれるカメラ、
スマートフォン、SSNサイト、検索エンジン、といったほとんどの
イノベーションもまた、一般企業から生まれているものだ。
むろん、創業者や経営者の強力なビジョンとリーダーシップは
そういうイノベーションに必要不可欠だろうが、
それを組織的に支える人たちが最終的には実現している。
工学やマネジメントのような分野では企業は主要な役割を果たしているし、
数学のように最もアカデミックな分野ですら
民間企業からも国際会議の全体講演者が出る。
そうした状況を踏まえれば、
世の中の面白い仕事の大半は企業の中にあるはずだし、
もっと多くの子供が「あの企業に入りたい、こんな企業を作りたい」
と言った夢を語る世の中になった方が将来は明るい。

夢というと、野球選手になりたい、歌手になりたいと言うような、
良く言えば「大きな夢」、実際には「単なる思いつき」であることが多い。
「保育士」「教師」「医者」「弁護士」「科学者」なども、
子供の目に留まりやすいという点で「思いつき」であったり
親による刷り込みであったりすることも多いだろう。

大人は、中高生が「こんなサラリーマンになりたい」という夢を持てるくらい
子供たちに企業における仕事のことを詳しく説明するべきだし、
会社員として働く大人は
純粋な心の中高生が「こんな会社に入りたい」
と思えるくらい魅力的な会社にするように努力すべきだ。

私が中学生のとき、一人だけ、
将来はこの会社に入ると決めていた同級生がおり、
彼は専門学校を出て計画通りそこに入社した。
その会社が近年多額の利益を計上しているのも
おそらく偶然ではないだろう。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。