記事

AI搭載のドローンでサメ探知、豪州のビーチで来月実用化へ

[シドニー 25日 ロイター] - オーストラリアで9月から、海岸における安全強化のため、人工知能(AI)を搭載したサメ探知用無人機(ドローン)を一部のビーチに飛ばして巡回させるプロジェクトが始まる。

ドローンを開発したのは、米フロリダ大学と3次元空間情報取得向け自律型無人飛行機(UAV)を手掛けるリトル・リツパー・グループ。

2016年から開発に着手したもので、バッテリー駆動のドローンに搭載したサメ探知システムから配信されるライブ動画を地上の操縦者がソフトウエアを使って分析し、サメの位置を特定する。目視によるデータ分析では特定率が20─30%なのに対し、ソフトを使えばこの割合が90%に上がるという。

サメを発見すると、ドローンから海水浴客らにメガホンを通じて注意を喚起する。リトル・リッパーの共同創始者は、ドローンから救命ボートや救難信号発信機を落とすことができるほか、現在サメが嫌がる電気信号を出す装置を開発中と述べた。

フロリダ大学の統計によると、昨年オーストラリアで発生したサメとの遭遇件数は、米国に次いで世界第2位となった。

*写真を更新して再送します。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    パックンにみる小室圭騒動のワイドショーコメンテーターの忖度

    メディアゴン

    10月27日 10:33

  2. 2

    台湾危機に巻き込まれざるを得ない日本 対習近平戦略から考える日本の安全保障政策

    宇佐美典也

    10月27日 12:00

  3. 3

    日本の本当の財政事情を知らない? 財政均衡にこだわるリベラル勢力

    マガジン9

    10月27日 14:23

  4. 4

    好きな人と結婚するだけなのに…日本人が「小室さんバッシング」に熱狂する根本原因

    PRESIDENT Online

    10月26日 11:22

  5. 5

    「女性候補が少ないのは女性のせいなのか」日本で女性議員が増えない本当の理由

    PRESIDENT Online

    10月27日 15:15

  6. 6

    維新大躍進の予想 背景には庶民感覚を失った公明と共産の存在

    田中龍作

    10月27日 10:28

  7. 7

    菅直人氏の発言「民主党政権の時代に高校無償化まで実現。現在も無償化」は“不正確”

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    10月27日 16:19

  8. 8

    作家・羽田圭介が「貯金なんかせず好きなことに使え」と言い切る理由

    PRESIDENT Online

    10月27日 14:21

  9. 9

    入試改革はなぜ失敗?「誰でも語れる」から迷走する教育政策の厄介さ

    物江 潤

    10月27日 13:15

  10. 10

    どうなる衆院選!?前代未聞のコロナ禍で100年に1度の選挙となるか

    毒蝮三太夫

    10月27日 09:04

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。