記事

トラウマとしての「鳥越選挙」

「民進党代表選でも小池新党との関係が大きな争点になっているが、小池都知事の考えがはっきりしないために、議論が空回りしている。

私も細川さんが言われるように、小池さんが原発ゼロと、憲法について立憲主義の原則を守ると明言すれば、民進党は小池新党と連携してもいいと考えている。
この点があいまいなままでは後に禍根を残しかねない。」
(2017年8月23日)

菅直人元総理のブログである。

ほんの2ヶ月前まで都議選で都民ファーストと闘っていた身としては、こうすぐに切り替えることはできない。
そこは、「さすが、菅さん」なのかも。

さて、都議選の惨敗ももとを辿れば「鳥越選挙」である、とワタクシは思っている。ものすごく「傷ついた」選挙だった。

ある種トラウマ。
今でも有権者に対してごめんなさいの気持ちを持って活動している。

今回の都議選後にはある程度の時間をかけての総括が行なわれたが、知事選挙についてはほとんどスルー。

岡田代表が次期代表選に不出馬となり、代表選に突入したが故に、ある種「なかったこと」にされてしまった感すらある。

東京4区は都議補選もあって、最前線で闘わざるをえなかったから、もしかしたらワタクシが感じるザワザワは、特別、例外なのかもしれないけど。

民主党と自由党の合流を決めたのは菅さんだったし、それでこそ党は政権交代への道筋を歩みことができたのも確かである。

そうしたことも踏まえつつ、つくづくと考えさせられる一文である。

あわせて読みたい

「鳥越俊太郎」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    738票届かず 小野氏は供託金没収

    鈴木宗男

  2. 2

    木下優樹菜が引退 事務所の証言

    文春オンライン

  3. 3

    小池氏2選で怒り 自民は何してた

    やまもといちろう

  4. 4

    貧乏国・日本 全員停滞で幸せか

    fujipon

  5. 5

    山本太郎氏は独自路線を自重せよ

    猪野 亨

  6. 6

    休むと3万円 ホテル支配人の実態

    紙屋高雪

  7. 7

    低所得者層の支持率高い小池知事

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    小池氏勝利 秋の総選挙が濃厚に?

    早川忠孝

  9. 9

    小池氏の変節 五輪支持派が危惧

    WEDGE Infinity

  10. 10

    選挙終えた小野泰輔氏「熊本へ」

    小野泰輔

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。