記事

テロに泣く旅行代理店「それでも成長だ」 日本人の海外旅行需要が回復傾向

野村証券 アナリスト 山村 淳子

昨年落ち込んだ日本人の海外旅行需要が、今年は回復傾向にある。

昨年落ち込んだ原因は、欧州で頻発したテロだ。2015年11月にパリで同時多発テロが発生し、昨年はベルギーのブリュッセル空港などでもテロが起きた。海外旅行の渡航先で人気のパリで起きたこと、さらに空港で発生したことも海外旅行客にネガティブな影響を与えている。

今年に入り、世界的にテロがなくなったわけではないが、海外旅行熱が高まっているようだ。日本の旅行代理店大手のエイチ・アイ・エス(HIS)では、2017年第2四半期で海外旅行取扱人数が前年比11%増。海外旅行取扱額では単月ベースで業界トップのJTBとほぼ並んだ。

画像を見る

欧州に関しては、ツアーの客単価が高いため、金額面での需要の戻りも大きい。さらにテロの不安があることで、HISなどが展開する航空チケットから宿泊、現地でのアテンドまでがセットになったパッケージツアーの人気が、シニア層を中心に戻りつつあるようだ。また、政府が推進する働き方改革などによって、各企業が社員に有休取得を励行するようになり、長期休暇がとりやすくなったことも追い風となっている。

楽天トラベルやDeNAトラベルなどネット系の旅行代理店の台頭は目覚ましいが、海外旅行においては現地に支店を持つ従来型の旅行代理店の需要も根強いとみる。

なかでもHISは66カ国に233拠点という世界的な海外ネットワークと、海外旅行事業については大きなアドバンテージを持っている。

HISは長崎のハウステンボスやロボットを活用した「変なホテル」など、パッケージツアーにおけるパーツなどを自社で運営し、トータルで収益を上げていく構造へと転換中でもある。旅行事業全体で2ケタ成長などは望みにくいだろうが、今後も堅調な成長を続けそうだ。

(野村証券 アナリスト 山村 淳子 構成=衣谷 康 撮影=宇佐美 利明)

あわせて読みたい

「海外旅行」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「レジ袋の有料化」と「レジ袋の減少化」が生んだ本末転倒な事態

    自由人

    09月22日 22:07

  2. 2

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  3. 3

    賃上げ・労働分配率向上策は、河野氏の法人税減税よりも高市氏の人材育成投資が有効

    赤池 まさあき

    09月22日 09:04

  4. 4

    アメリカの輸入規制撤廃に福島から喜びの声 「菅首相の置き土産?」指摘も

    BLOGOS編集部

    09月22日 16:26

  5. 5

    横浜市長就任後も疑惑について説明しない山中竹春氏 ウソと恫喝の追及は続く

    郷原信郎

    09月22日 10:56

  6. 6

    菅さんの水面下での仕事の成果が今になって出て来たようだ

    早川忠孝

    09月22日 15:52

  7. 7

    公明・山口代表 給付金を選挙公約に掲げるも「何をいまさら」と呆れ声

    女性自身

    09月22日 16:21

  8. 8

    河野太郎氏は、国会議員投票でも一位を取るべく全力を尽くしべし

    早川忠孝

    09月22日 17:41

  9. 9

    サンドウィッチマン、かまいたち、千鳥…Googleで検索されている芸人ランキング

    放送作家の徹夜は2日まで

    09月22日 10:48

  10. 10

    ワクチンパスポートの目的は差別じゃない~区別と差別を明確に切り分ける重要性~

    山崎 毅(食の安全と安心)

    09月22日 08:19

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。