記事

「日本すごい」に流されないNHKの新番組

1/2
外国人に「日本はすごい」といわせるテレビ番組が目立つ。しかしそれは物事の一面でしかない。NHKの新番組では、各地の外国人街を訪れ、そこで暮らす人たちの家に泊めてもらいながら、「異国」での苦労を描いている。その内容を、ライターの西森路代さんは「日本に横たわる現実に目を向けた番組」と評価する。体裁は「楽しいバラエティ番組」だが、じっくりみると深刻な問題に踏み込もうとしているのだ――。

いま、テレビ番組で「人についていく」系の企画が目立つ。有名どころは『家、ついて行ってイイですか?』や『YOUは何しに日本へ?』(ともにテレビ東京)だろう。『家、ついて行ってイイですか?』は、町中で終電を逃した人に声をかけ、タクシー代を支払って家までついていく番組だ。『YOUは何しに日本へ?』では、成田空港に到着した外国人旅行客に来日の理由を尋ね、その目的を果たすまで密着する。いずれも、普段接することのない人々の生活を垣間見られ、自分とはまったく違った文化の中で生きている人たちを知ることができる興味深さがある。

今回紹介する『体感ドキュメント 日本の異国にホームステイ!』(NHK)も、そんな企画のひとつだ。「若手芸人が、全国にある外国人街に潜入し、泊めてくれる人を探して交渉。成立すればご自宅にお邪魔してガチコミュニケーションに挑戦する」(公式HPより)というのが番組趣旨である。はやりの「ついていく系」企画でもあり、知らない人と寝食をともにするという意味では、以前にこの連載で紹介した『チョイ住み』のような趣もある。

画像を見る
『体感ドキュメント 日本の異国にホームステイ!』HPより。

■MCは千鳥、藤田ニコルもいるバラエティ色

『日本の異国にホームステイ!』では、スタジオで芸人の千鳥とタレントの藤田ニコルがロケVTRを観る。7月22日放送の第1回では、ピン芸人の石出奈々子が名古屋にあるフィリピン人コミュニティを訪問した様子が、VTRで流された。

石出はフィリピンパブが大量に立ち並ぶ夜の街や近隣大学周辺を歩き、ホームステイ先を自ら探す。結局今回泊めてもらったのは、1泊目は名古屋でOLをしている日系フィリピン人4世の姉妹。2泊目は、パブで働くママ・アスカさん。3泊目は、日本語学校に通って介護福祉士を目指す女子学生2人の家だった。

それぞれ世代が異なる3つの家を訪れるたびに、彼女たちの来日と関係しているであろうフィリピンと日本の歴史について、専門家による解説がナレーションで挿入される。20代後半の日系フィリピン人姉妹については、20世紀初頭、フィリピンで道路建設工事を行うために日本人2000人が海を渡り、現在でもその子孫は日本で長期滞在するビザを取得しやすい、という背後関係が説明された。

アスカさんのように、パブで働くフィリピン人女性たちが大量に来日し始めたのは、バブル時代の1980年代後半のこと。好景気のあまり、歓楽街で働く女性が不足し、興行ビザを使ってフィリピンからの労働力を求めたのが始まりだった。2004年には年間8万人が来日し、その中の1割は日本人と結婚している。

そして介護福祉士を目指すフィリピン人が増えたのは、06年の日本・フィリピン経済連携協定締結がきっかけになっている。日本の介護現場での人手不足を補うためでもあり、フィリピンはまだ高齢化が進んでおらず、同様の問題を抱えていないという背景もある。

あわせて読みたい

「NHK」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ZOZOが象徴する日本の低賃金労働

    藤田孝典

  2. 2

    夫のが入らない…性生活の苦悩

    文春オンライン

  3. 3

    日産騒動 海外人材が日本を敬遠?

    青山まさゆき

  4. 4

    照射 真摯と声明の防衛省に疑問

    和田政宗

  5. 5

    厚労省不正 明かせぬ不味い事情?

    宇佐美典也

  6. 6

    中国の苦境 ソ連破綻と似た境遇

    ヒロ

  7. 7

    海老蔵&勘九郎の亀裂 発端は放言

    女性自身

  8. 8

    子連れ出勤批判 子どもは邪魔者?

    赤木智弘

  9. 9

    日本海呼称 国連文書で確認済み

    城内実

  10. 10

    YouTuber消滅の第一歩は草なぎ?

    fujipon

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。