記事

インスタ映えの究極奥義は、ライトと、グリッド線と、iPhone補正だった

画像を見る

昨日のナイトプールネタのエントリーが、拡散している。

ナイトプールとは、Instagramスタジオである 男3人で行ったら凄いことになった
http://blogos.com/article/242269/

政治、経済、社会など各分野において、もっと議論するべき数々のトピックスがある中、24時間くらい1位になっていた。いいんだか、悪いんだか。最も、関心度が高いということなのだろう。実際、体当たりレポートとしてご評価頂いた。

今日もInstagram関連の話。昨日は、久々にフォトセッションだった。来月でデビュー10周年だ。自分へのお祝いも兼ねて、過去最高に気合いを入れて、プロフィール写真を撮ることにした。高校の同級生のプロカメラマンにお願いをした。数々のタレント、俳優、アーティストの写真を撮ってきた方である。

いやあ、お願いしてよかった。まだ納品されていないがラフを見ただけで鳥肌もの。それ以上に、自分とは何か、どうありたいか、見られたいかなどを知る機会になった。自然体で生きてきたかもだが、そうか、守りに入っていたかなあとか、背伸びしていたかも、とか。そう、このコミュニケーションが大事。撮影時間をもっと長めにとるべきだったなとか、もろもろ反省。

で!

終わった後にランチに行ったのだが、その場で、プロからインスタ映えについて教えて頂いた。ポイントは3つある。ライト、グリッド線、iPhoneによる補正である。

画像を見る

まず、ライトについて。普通にパシャリと撮るよりも、こういうふうに一緒にいる人にiPhoneの懐中電灯機能で、照らしてもらった方がきれいに撮影できる。もちろん、他のお客さんがいるかどうかなどマナーには気をつけなくちゃなのだが。実際、最近では自撮りグッズで光源が売れているようで。iPhoneの周りをLEDで光らせる自撮りグッズや、コンパクトな光の玉などもあったりする。要するに被写体に対する光が大事。

画像を見る

次にグリッド線。これを上手く活用し、全体でのバランスを考える。線の交差点をどこに置くか、どのゾーンに被写体を置くかがポイント。

さらには、補正機能。Instagramにも補正機能やフィルターもあるが、実はiPhoneについている補正機能が優秀。自動フィルターではなく、コントラスト、色味などをいじる。これで相当きれいになる。

インスタ映えなる言葉が流行語になっているのだが、美味しそうなスイーツ、絶景など被写体選びだけでは駄目。そもそも写真を撮るための根本的な工夫が必要だというわけだね。

それにしても、写真の完成が楽しみ。さ、今日も楽しくいきますかね。

あわせて読みたい

「Instagram」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナ対策は菅内閣にも直結 東京の新規感染者数が5000人超えなら菅内閣はもたない

    田原総一朗

    07月28日 14:43

  2. 2

    東京3000人は五輪強行開催によるモラル崩壊の証。もう誰も自粛しない

    かさこ

    07月28日 08:46

  3. 3

    西村大臣の酒類販売事業者への要請撤回 首相官邸の独断に官僚からも疑問の声

    舛添要一

    07月28日 08:34

  4. 4

    「きれいごとだけでは稼げない」週刊文春が不倫報道をやめない本当の理由

    PRESIDENT Online

    07月28日 12:30

  5. 5

    上司も部下も知っておきたい 「1on1」を機能させるためのコツ

    ミナベトモミ

    07月28日 12:00

  6. 6

    テスラのマスク氏、豪邸売払い、500万円の狭小住宅暮らし!

    島田範正

    07月28日 15:45

  7. 7

    「インチキはいつか必ずバレる」熱海土石流は人災か

    毒蝮三太夫

    07月29日 08:08

  8. 8

    ロッキンは中止する必要があったのか?〜7 /8の議院運営委員会で西村大臣に質疑を行いました〜

    山田太郎

    07月28日 09:58

  9. 9

    逮捕されても臆することなく、取材を続けよう〜田原総一朗インタビュー

    田原総一朗

    07月28日 08:07

  10. 10

    立憲民主党・本多平直議員は「詰腹」を切らされたのか?近代政党のガバナンスにおける危機感

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月28日 09:53

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。