記事

【アマゾン】、トレジャートラックでステーキを購入した!710グラム2枚で30ドルは激安?

1/2

リンク先を見る

■ネット通販最大手のアマゾンは先月、シアトル市内のみで行なっていたトラックによる移動販売サービス「トレジャー・トラック(Treasure Truck)」を全米の都市にも拡大した。トレジャー・トラックは数量限定となるセール商品を利用者に渡し販売が完了する、移動式ピックアップ拠点。利用方法はスマートフォンであらかじめテキスト通知を申し込んでおく。利用者の近所にアマゾンが選んだ1日1品の激安商品を載せたトレジャー・トラックが来る直前に、セール品内容とピックアップ場所・時間の通知が届くことになる。利用者はアマゾン・アプリ経由でセール品を購入すれば、指定の場所に来るトラックで注文品を受けとれる仕組みだ。

商品の受け取りは、購入後に送信されるレシートのQRコードをスタッフに見せ、スキャンさせることになる。セールとなる商品は最新の家電製品やステーキやシーフード、ミールキットなどの生鮮食品、アウトドア商品、キッチン用品など。トラックに積み込めるだけの数量限定であるため、セール品が人気商品の場合は瞬時に売り切れてしまう可能性がある。また指定した時間内にピックアップに行かなかった場合は、自動的にキャンセル扱いとなる。今のところ非プライム会員でも利用可能だ。

 トレジャートラックは先月29日、シアトルやロサンゼルス、アトランタ、ダラス、シカゴ、ヒューストンでニンテンドー・クラシックミニ・ファミリーコンピューターを販売した。ロサンゼルスではライフスタイルセンターの「ザ・グローブ」で朝10時から販売が開始、4月に販売中止となった超人気商品が60ドルの価格で出品されたことで40分程度でソールドアウトとなり販売が終了した。トレジャー・トラックの近くでは賞品付きの無料ゲーム(輪投げなど)も行っており、音楽も流れ(シャボン玉も)、お祭りのようなイベント感を演出していた。トレジャートラックは10日、ステーキやシーフードなどのオンラインショップ「ポーター&ヨーク(Porter & York)」の28日間熟成ステーキ肉(710グラムX2枚)を30ドルの低価格で販売した。16日には124.49ドルのポラロイドZipインスタント・モバイル・プリンタ(Polaroid ZiP Mobile Printer)を79.99ドルで販売していた。

 アマゾン・トレジャー・トラックはセール品の限定販売の他、映画の封切りや演奏会、感謝祭やクリスマスのお祝い事、プロモーションを兼ねたアイスクリームなどの食品の無料配布などにも使われる。

リンク先を見る

あわせて読みたい

「Amazon」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ホロコースト揶揄を報告した防衛副大臣に呆れ 政府のガバナンスは完全崩壊か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月23日 10:46

  2. 2

    不祥事続く東京五輪 大会理念を理解せず、市民の生活を軽視した組織委員会

    森山たつを / もりぞお

    07月23日 10:25

  3. 3

    将来的に車検で印紙払いが廃止 キャッシュレス払いによる一括払いにも対応

    河野太郎

    07月23日 21:36

  4. 4

    累計8700億円「日本一レコードを売った男」酒井政利氏の〝武勇伝〟

    渡邉裕二

    07月23日 13:02

  5. 5

    「BTSって誰?」今さら知らないとは言えないので、初心者が通ぶれる小ネタ集めてみた

    放送作家の徹夜は2日まで

    07月23日 08:07

  6. 6

    感染爆発は起こらないことが閣議決定されました

    LM-7

    07月23日 22:45

  7. 7

    東京2020オリンピック競技大会の開幕にあたって

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    07月23日 17:52

  8. 8

    橋本会長、「選手のプレイブック違反」証拠をお見せします 出場資格を取り消せますか

    田中龍作

    07月23日 08:33

  9. 9

    電通・博報堂の価値観のままで、オリパラを乗り切れるか

    篠田 英朗

    07月22日 12:16

  10. 10

    「飲食店いじめ」「五輪強行」に思うこと 経済財政でも「金メダル」を目指せ

    わたなべ美樹

    07月23日 13:19

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。