記事

「高須平和賞」始動 300万円のメダルはノーベル賞より立派


【300万円相当の「高須平和賞」のメダルの金型】

高須クリニックの高須克弥院長が世の中の様々な話題に提言するシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回は、高須平和賞についてお話をうかがいました。

 * * *

──以前から設立を表明されていた「高須平和賞」についてお話を聞きたいと思います。メダルの金型が完成したんですよね?

高須:そうなんだよ。ノーベル平和賞よりも大きくて立派(笑い)。表面には僕の横顔がデザインしてあって、裏面には西原理恵子のイラストがデザインしてある。純金製で300万円の価値があるんだよ。

──副賞も決まっているとか。

高須:永久整形治療権と1000万円。いつでも僕に言ってくれれば、どんな整形だってタダでするよ。そもそも、美容整形で築いたお金で設立 した高須平和賞なんだから、そこはぜひともタダで整形治療をさせていただきたい(笑い)。

──すでに第1号の受賞者も決定しているんですよね?

高須:チベット亡命政府のロブサン・センゲ大統領。ご本人にも連絡済みで、快諾をいただいている。今年10月にダラムサラで授与式典を行う予定で、僕のツイッターで実況中継するよ。そして、第2号は熱心なチベット仏教徒のリチャード・ギアに授与したいと思っている。リチャード・ギアはチベットを弾圧する中国を批判して、ハリウッドで干されているというけど、自分の信念を曲げないで筋を通す姿は本当に素晴らしい。高須クリニックのCMにも出演してもらいたいなあ。

──そもそもどうして高須賞を作ったんですか?

高須:僕はずっと言い続けてるんだけど、お金はガソリンなんだよ。エンジンを動かすためにガソリンが必要なように、生きていくためにお金は必要なんだ。でも、ガソリンをため込んだまま死んでも全く意味はないし、なんならそのまま遺体を焼かれたら、大火事になってしまう。お金は、生きてるうちに全部使い切るべきだと思う。

 だから、僕は自分のお金を必要としている人のために使っていきたい。高須平和賞もそのためのもの。中国に弾圧されているチベットの人々を助けたいし、信念を貫くことで仕事を干されているリチャード・ギアも支援したい。

 僕がツイッターなんかで自由に発言しているから仕方ないのだろうけど、どうも僕はイデオロギーで動いていると思いこんでいる人もいるみたいなんだよね。でも、実際はそうではない。僕が友達になりたいと思った人であれば、どんな人でも友達になるし、僕のことを必要としてくれる人のためなら僕は動く。そこにイデオロギーは関係ない。そもそも、西原はネトウヨじゃないしね(笑い)。

──たしかにそうですね。

高須:いってみれば、僕はただ単に弱者の味方なんだよ。もしもツイッターで、僕に嫌がらせをしてきたら、それはもちろん応戦してしまうだろうけど、相手が弱者だとわかったら、戦いながらも味方になる。僕は、弱い者を叩きたいわけではない。弱い者いじめは絶対にしない。それどころか、何か助けを求めてきたら、支援する。

 たしかに、僕個人がいろんなことを主張することはあるよ。でも。それはあくまでも僕自身の考えであって、それが人間関係に影響するかといえば全く別。どんなイデオロギーの人であっても、人間関係は築けると信じている。実際に僕はいろんな国の人、いろんな人種の人、いろんな思想の人と友人だからね。イデオロギーだけで、他人にレッテルを貼るのはちょっと違うと思うし、他人のイデオロギーに口出しするのも違う。まあ、そんなことを言ってても、ツイッターで攻撃されると、どうしても反撃してしまうから、やっぱり西原に怒られちゃうけどね(笑い)。

 * * *

 いよいよ本格始動することとなる高須平和賞。ノーベル平和賞とは全く違う視点で、世の中を明るくしていただきたいです!

【プロフィール】
高須克弥(たかすかつや):1945年愛知県生まれ。医学博士。昭和大学医学部卒業、同大学院医学研究科博士課程修了。大学院在学中から海外へ(イタリアやドイツ)研修に行き、最新の美容外科技術を学ぶ。脂肪吸引手術をはじめ、世界の最新美容外科技術を日本に数多く紹介。

昭和大学医学部形成外科学客員教授。医療法人社団福祉会高須病院理事長。高須クリニック院長。人脈は芸能界、財界、政界と多岐にわたり幅広い。金色有功章、紺綬褒章を受章。『ブスの壁』(新潮社、西原理恵子との共著)、『その健康法では「早死に」する!』(扶桑社)、『筋と義理を通せば人生はうまくいく』(宝島社)、『行ったり来たり 僕の札束』(小学館)など。最新刊は『ダーリンは71歳・高須帝国より愛をこめて』(小学館)。

あわせて読みたい

「高須クリニック」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  2. 2

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  3. 3

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  4. 4

    都構想反対派が自壊 主張に疑問

    青山まさゆき

  5. 5

    TBS番組が伊藤健太郎逮捕で誤報

    女性自身

  6. 6

    進次郎氏の発言に専門家「軽率」

    女性自身

  7. 7

    橋下氏 毎日新聞のご飯論法指摘

    橋下徹

  8. 8

    相次ぐ「GoTo外し」観光庁に疑問

    木曽崇

  9. 9

    任命拒否 提訴できず手詰まりか

    文春オンライン

  10. 10

    菅首相を揶揄 無料のパンケーキ

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。