記事

「休めない」 夏休みの部活動

1/2

■夏休み中も練習

 甲子園(全国高等学校野球選手権大会)、インターハイ(全国高等学校総合体育大会)、総文祭(全国高等学校総合文化祭)など、この夏を盛り上げた「部活動」の全国大会も、今日、全中(全国中学校体育大会)の最終日をもって幕を閉じる。

 テレビや新聞を見ていると、「全国大会」一色だけれども、現実には各地域や各競技種目・文化活動において、全国大会とは別の大会やコンクールが開催されている。そしてそれらの大会に出場するために、生徒は今日も当たり前のように練習を重ねている。お盆を除いて「ほぼ毎日」活動している運動部の生徒が4割に達するとの調査結果もある。

 全国大会につながる大会で早くに負けたとしても、生徒は次の大会に向けて日々練習に励む。華々しい「全国大会」に隠れがちな、夏休みの「いつもの部活動」に迫ってみたい。

■活動予定表は練習で埋められている

夏季休暇期間中の部活動予定表(例)

 さて、図に示したのは、公立高校の夏休み中における部活動の活動予定表(例)である。とある自治体にある複数の公立高校の予定表を参照して、筆者が再構成した[注1]。見てのとおり、毎日のように練習が入っている。

 部活動によっては、8月11日~13日のお盆休み期間中も、当たり前のように練習が入っていたり、練習試合が組まれていたりする。該当する部活動では、生徒も先生もお盆休みがないということなのだろうか。

 また、表中の野球部がそうであるように、夏休みの間、休みが計3日間しかない部活動もあった。ただでさえ蒸し暑く体力が消耗する時期に、「学校教育」の名のもとで生徒は休みなく部活動に励んでいる。

■「ほぼ毎日」が4割強 運動部活動

夏休み期間中における部活動の活動頻度(図はベネッセのウェブサイトより)

 夏休みに特化して部活動の活動日数をたずねている調査は、ほとんど存在しない。かろうじてベネッセのオンラインによる保護者対象の全国調査が、その実像の一端を教えてくれる。

 2013年9月にベネッセが実施した調査[注2]によると、中高生における夏休みの部活動の頻度は、運動部で「ほぼ毎日(お盆を除く)」が44.3%を占めている。これが割合としてもっとも高く、次に「週に3~5日(お盆を除く)」が38.4%である。

 「ほぼ毎日」と「週に3~5日」の両者で計82.7%に達することから、運動部に所属する大多数の中高生は、夏休み中も頻繁に部活動に参加しているということができる。

あわせて読みたい

「部活動」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    テレ朝は宮迫の降板を決断すべき

    渡邉裕二

  2. 2

    橋下氏 戸籍晒し巡り雑誌に怒り

    橋下徹

  3. 3

    年金の仕組み知らない国民に呆れ

    永江一石

  4. 4

    イラン関与に同調せぬ日本を称賛

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    2000万円貯金して個人消費は無理

    毒蝮三太夫

  6. 6

    日韓世論で温度差 相手国の印象

    WEDGE Infinity

  7. 7

    アクセル踏み間違い根絶に有効策

    志村建世

  8. 8

    タピオカブームはヤクザの資金源

    NEWSポストセブン

  9. 9

    年金不安を煽る金融庁は猛省せよ

    深谷隆司

  10. 10

    上田晋也の政権批判番組が終了へ

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。