記事

これは問題になるー永住外国人に対する生活保護給付義務の存否

福岡高裁が法律上の明文の規定がないのに永住外国人に対しての国の生活保護義務(永住外国人の生活保護受給権)を認定したことについては、少々異論がある。

生活保護行政全体がどうも緩んでいるのではないだろうか。

勿論、いざという時のセーフティネットとしての生活保護は重要であり、「権利としての生活保護」という理念を普及させることの意義は理解しているが、生活保護が大手を振って歩いているということについてはどこかで釘を刺しておいた方がよさそうだ。

こんなことを書いてもネット世界の住人の方々からは大したブーイングはないだろうと思ってはいるが、選挙を抱えている人は、生活保護の現場の問題に気が付いていていながら口を閉ざしていることが多いものだ。

あえて問題提起のつもりでこの一文を書いておく。

本来生活保護は日本国民に対するものであって、外国人が日本で生活しているからといってその生活の保護を日本国が当然に引き受けることはない。

日本国民であろうと外国人であろうとまずは自助努力が重要であって、生活保護は、生活困窮者の生活をそのままに放置しておくと治安が乱れ反って社会不安を助長するなどという特別の事情があることなどを考慮しての例外的な措置だろうと私は理解している。

国際化の進展に伴って日本国民が海外で生活することが多くなり、日本の国民が海外で生活困窮の状態になった場合に外国政府から日本国民に対する扶助をしてもらう見返りとして日本政府としても日本に在住する外国人に対して相互主義の観点から生活保護を認める、ということはあっても、その政策決定についてはタックスペイヤーである国民の声を聞くことが大事である。

判決文そのものを読んでいないので、福岡高裁がどういう論理で国の生活保護義務なり永住外国人の生活保護給付請求権の存在を認めたのか分からないところがあるが、司法と行政、さらには立法のそれぞれのあり方を考えるに、この福岡高裁判決は少し立法作用に踏み込みすぎているように思う。

これは、優れて立法政策の問題である。

法律上の明文の規定がないのに裁判所が厚生省のかつての行政上の通知や行政指導を根拠に永住外国人の生活保護受給権を認めたことは問題だと思うが、如何だろうか。

皆さんのご意見をお伺いしたいところだ。

あわせて読みたい

「生活保護」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  4. 4

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  5. 5

    コロナ禍も国内工場は異常な強さ

    PRESIDENT Online

  6. 6

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

  7. 7

    感染リスク高い5つの場面に注意

    赤池 まさあき

  8. 8

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  10. 10

    トランプ氏 逆転攻撃はほぼ不発

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。