記事
  • Dain
  • 2011年11月18日 00:34

雲マニア必携「驚くべき雲の科学」

画像を見る

リンク先を見る

 雲フェチならずとも魅了される。

 オッサンになっても空を見るのは、いつまでたっても厨二だから。刻々と姿を変える層雲のうねりに魅入り、巻雲の高みを想像して地べたの自分を見下ろしたり、いろいろ遊べる。デカい低気圧(必ずしも台風に非ず)がやってくるとわけもなく興奮し、取乱し、窓を開けて空を見る。雲マニアまでいかないけど雲好き。そんなわたしが大興奮した写真集。

 奇妙な雲、めずらしい雲、レアな空の現象を集めているのだが、「雲」っぽくない。理由は、撮った場所にある。山頂や飛行機の窓、はたまた人工衛星から撮影した「雲」は、別の何かに見える。たとえば、太平洋上の層積雲は、雲というより、洋上を浮遊する氷棚に見える。ちょうど割目が氷のそれとそっくりなのだ。圏外から大気を眺めると、雲と地球の距離はほぼ無いに等しい。薄い膜(殻?)のような存在になる。

 バラエティー豊かな雲を眺めていると、そこが空であることを忘れてしまう。レース編みのようなカルマン渦の雲や、色合い・質感ともに「おっぱい」に見える乳房雲は、とうてい雲に見えない。何か生き物の細胞を拡大したような像だ。本書ではレンズ雲は「めずらしい」うちにはいらず、それは見事なレンズ雲がふんだんに出てくる。見事なやつだと、アダムスキー型未確認飛行物体まんまだ。真珠母雲の虹色は真珠よりもシャボン玉に見える。

 信じられないような雲もある。ハリケーン・カトリーナの"内側"を撮ったものは、地球のものとは思えない光景だし、命の危険を顧みず写したスーパーセル・サンダーストームは、まどかマギカの「ワルプルギスの夜」そのもの。音速を突破する戦闘機の衝撃波を撮った「雲」は有名だが、失速した戦闘機の主翼にあわ立つようなウィングクラウドは、まるでそこだけ水中のようだ。そして、画像だけでなく、「なぜそういう現象が起きるのか」「どんな天候の変化が予想されるか」を説明してくれるのはありがたい。

 こうした映像モノは、ネットのほうに分がある。雲フェチの集う以下のサイトをどうぞ。癒されるか、瞠目するか、時を忘れることは確か。

THE CLOUD APPRECIATION SOCIETY

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「インチキはいつか必ずバレる」熱海土石流は人災か

    毒蝮三太夫

    07月29日 08:08

  2. 2

    列車内での飲酒について、JR北海道から回答「お客様に強制することは大変難しい」

    猪野 亨

    07月29日 10:28

  3. 3

    集団免疫得られるワクチン接種率、70%程度では難しい=尾身会長

    ロイター

    07月29日 12:55

  4. 4

    小池都知事“一人暮らしは自宅を病床に”発言に「一人で死ねってこと?」と怒り爆発

    女性自身

    07月29日 11:27

  5. 5

    五輪報道に「手のひら返し」と批判も オリンピックに沸くテレビ・新聞の報道

    ABEMA TIMES

    07月29日 09:54

  6. 6

    高校に通わなかった東大名物教授の独学勉強法 本や教科書は疑って読むクセ

    宇佐美典也

    07月29日 12:00

  7. 7

    コロナ対策は菅内閣にも直結 東京の新規感染者数が5000人超えなら菅内閣はもたない

    田原総一朗

    07月28日 14:43

  8. 8

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  9. 9

    東京3000人は五輪強行開催によるモラル崩壊の証。もう誰も自粛しない

    かさこ

    07月28日 08:46

  10. 10

    太陽光発電を推進することは、国家安全保障上危険

    赤池 まさあき

    07月29日 10:12

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。