記事

サイバー攻撃に現実の「爆撃」も

画像を見る2009年1月に政権がスタートした当初、オバマ大統領は中国との関係を最重視すると公言し、クリントン政権同様、親中路線を歩むと思われていた。しかしその後、「対中対決路線」に外交の方向を切り替えた。

象徴的なのが今年7月、米国防総省(ペンタゴン)が初めて公表した「サイバー戦略」で、サイバー空間を、陸・海・空・宇宙に続く「第5の作戦領域」として認識すると同時に、「米国へのサイバー攻撃には通常兵器での報復も有り得る」と宣言、仮想空間、現実を問わず攻撃に出る事を表明している。その後も中国、ロシアからと思われる米国国防省、金融機関(すでにグーグルはフィッシング詐欺被害に逢っている)を狙った悪質なサイバー攻撃は止まず、このままでは米国、その同盟国の安全が守れないとして、ペンタゴンはハッカー対策に専門家の採用を行っている。

画像を見る米国防総省は2011年11月15日までに、米国や同盟国に対するサイバー攻撃に対し「攻撃的なサイバー作戦」で反撃する意思を明記するとともに、「軍事力を含むあらゆる手段」で対処すると宣言した報告書を議会に提出した。一連の報告の中で、2007年から2008年にかけて、米国の軍事用宇宙衛星が数度にわたり中国からと思われるハッカー被害にあったも報告されている。恐らくこれが、米国が激怒している一番の原因だろう。 参照記事

在日米軍のフィールド司令官(空軍中将)は去る2011年11月14日、東京都内の日本記者クラブで行われた講演後の質疑応答で、米軍と自衛隊などがサイバー攻撃への対処に関する協議を行っていたことを明らかにしている。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    習近平氏が進める「共同富裕」政策 恒大集団の救済に足踏みか

    飯田香織

    09月24日 08:40

  2. 2

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  3. 3

    視聴者が選ぶ最新版「嫌いな芸能人」コロナの影響か新顔多く並ぶ

    SmartFLASH

    09月24日 09:09

  4. 4

    オウンゴールで支持率下げた菅政権 野党は絶好のチャンスを活かせ

    毒蝮三太夫

    09月24日 08:05

  5. 5

    45歳定年なんてホントに実現するの?と思ったときに読む話

    城繁幸

    09月23日 16:12

  6. 6

    与党・公明党が選挙直前に「10万円給付」を大々的に発表 与党ならすぐに実行せよ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月24日 08:37

  7. 7

    43歳、年収600万円で「結婚できないのが辛い…」と会社を辞めた男性に励ましの声

    キャリコネニュース

    09月23日 12:17

  8. 8

    「日本の小売業者は宝の持ち腐れ」アマゾンにあって楽天にない"決定的な違い"

    PRESIDENT Online

    09月24日 12:03

  9. 9

    中国恒大、23日の利払い実行困難に 米時間で期限迫るも説明なし

    ロイター

    09月24日 10:28

  10. 10

    中国がTPPに加入申請 対応を誤ればTPPそのものが瓦解するリスク

    ヒロ

    09月24日 11:22

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。