記事

サイバー攻撃に現実の「爆撃」も

画像を見る2009年1月に政権がスタートした当初、オバマ大統領は中国との関係を最重視すると公言し、クリントン政権同様、親中路線を歩むと思われていた。しかしその後、「対中対決路線」に外交の方向を切り替えた。

象徴的なのが今年7月、米国防総省(ペンタゴン)が初めて公表した「サイバー戦略」で、サイバー空間を、陸・海・空・宇宙に続く「第5の作戦領域」として認識すると同時に、「米国へのサイバー攻撃には通常兵器での報復も有り得る」と宣言、仮想空間、現実を問わず攻撃に出る事を表明している。その後も中国、ロシアからと思われる米国国防省、金融機関(すでにグーグルはフィッシング詐欺被害に逢っている)を狙った悪質なサイバー攻撃は止まず、このままでは米国、その同盟国の安全が守れないとして、ペンタゴンはハッカー対策に専門家の採用を行っている。

画像を見る米国防総省は2011年11月15日までに、米国や同盟国に対するサイバー攻撃に対し「攻撃的なサイバー作戦」で反撃する意思を明記するとともに、「軍事力を含むあらゆる手段」で対処すると宣言した報告書を議会に提出した。一連の報告の中で、2007年から2008年にかけて、米国の軍事用宇宙衛星が数度にわたり中国からと思われるハッカー被害にあったも報告されている。恐らくこれが、米国が激怒している一番の原因だろう。 参照記事

在日米軍のフィールド司令官(空軍中将)は去る2011年11月14日、東京都内の日本記者クラブで行われた講演後の質疑応答で、米軍と自衛隊などがサイバー攻撃への対処に関する協議を行っていたことを明らかにしている。

トピックス

ランキング

  1. 1

    開成退学処分 謎呼ぶ替え玉騒動

    NEWSポストセブン

  2. 2

    大相撲で謎の手拍子に「不快感」

    WEDGE Infinity

  3. 3

    竹内結子さん 抱えていた悩みは

    渡邉裕二

  4. 4

    竹内結子さん訃報への憶測を軽蔑

    常見陽平

  5. 5

    女性は嘘つく発言否定も残る疑問

    猪野 亨

  6. 6

    16歳孫娘殺した86歳祖父の動機は

    文春オンライン

  7. 7

    福島氏の過激な菅政権批判に疑問

    鈴木宗男

  8. 8

    賃金増えぬ労働者は経営者に怒れ

    川北英隆

  9. 9

    児嶋一哉 台本通り演技で大人気

    女性自身

  10. 10

    菅首相の官僚けん制 忖度助長も

    舛添要一

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。