記事

「岸田政権」になれば安倍首相悲願の憲法改正棚上げか


【ポスト安倍として注目される岸田・自民党政調会長(写真・時事通信フォト)】

 安倍晋三・首相の“応援団”だった読売新聞や産経新聞がポスト安倍として岸田文雄・自民党政調会長を持ちあげだすなか、安倍首相自身にもこれまでのような自信や、やる気が感じられないといった声も出ている。

 安倍首相には、早めに身を退いて“後継指名”の力を残し、岸田政権下での憲法改正の道筋をつけて歴史に名を刻むシナリオもありそうだが、政治アナリスト・伊藤惇夫氏はそれさえ皮算用に終わりかねないと指摘する。

「自民党議員の大勢は総選挙を前に憲法改正の冒険などしたくないというのが本音。そんななかで憲法改正に慎重な岸田氏が、細田派の数がほしいからとタカ派の安倍総理の言いなりに改憲を進めれば党内の反発を買うし、ハト派のイメージにも傷がついて国民の支持も失いかねない。当面は安倍さんを支えながら憲法改正の議論だけして、首相になれば改憲は棚上げとするつもりではないか」

 かつて野党の追及に「内閣支持率は53%ある」と誇ってみせた安倍首相は、それに続けて「民進党の支持率はご承知の通り」と、メディアの世論調査での野党支持率の低さをあげつらっていた。そうしたメディアの追い風が向かい風に変わった今、政界の変わり身の早さを痛切に感じているのではないだろうか。

※週刊ポスト2017年9月1日号

あわせて読みたい

「岸田文雄」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  2. 2

    岡村隆史の結婚でNHKは一安心?

    渡邉裕二

  3. 3

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  4. 4

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  5. 5

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  6. 6

    わかりやすさ求めるメディアの罪

    村上 隆則

  7. 7

    菅首相の社会像「腹立たしい」

    畠山和也

  8. 8

    高齢者の命守る のどちんこ鍛錬

    毒蝮三太夫

  9. 9

    陽性者数報道がコロナ拡大抑制か

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    「石原さとみ夫=一般人」に不満?

    いいんちょ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。