記事

シャーロッツビルの悲劇

1/2

政権発足以来の危機

米トランプ政権が政権発足以来の危機に直面しています。8月12日に行われた白人至上主義者の集会に際して、反差別の立場からカウンター・デモを行っていた女性が死亡し、多数の負傷者を出した事件の扱いをめぐって政権批判が高まっているのです。

トランプ氏のこれまでの暴言や政権内部の混乱とその深刻度が異なるのは、共和党の重鎮や、ビジネス界、一部の右派系メディアなど、トランプ政権に寛容とされた層からも批判が高まっているからです。

問題の発端は、シャーロッツビルの議会が、米南北戦争時の南軍の総司令官であったロバート・E・リー将軍の銅像の撤去を決めたこと。その動きを阻止すべく、全米から白人至上主義者やネオナチ、黒人への暴力を主導してきたKKKなどの団体が終結しました。彼らは、KKKの伝統に則って松明を掲げて夜の街を行進し、ナチスのシンボルであった鍵十字の旗を掲げ、反ユダヤ主義を叫びました。そして、その中の一人が女性を自動車でひき殺したのでした。

どっちもどっち論

近年稀に見る規模での白人至上主義者の集会、しかも、白昼堂々と行われた暴力によって全米での批判が頂点に達していた時、トランプ大統領は火に油を注ぐような対処をして事態を悪化させてしまいました(殺人行為に及んだ容疑者は逮捕され、差別主義団体の一連の行動について公民権法の適用を視野に入れた調査が開始されていますから、連邦政府全体の対応は常識的なものです)。

その意味で、本件が深刻な問題へと発展したのは、ホワイトハウス中枢の致命的なミスのせいであり、端的にはトランプ大統領が差別主義者側と反差別主義者側の双方に対して、「どっちもどっち」と取れるような発言を繰り返したからです。

3回行われた会見のうち、1回目は事件発生から相当時間が経ってから行われたにも関わらず、差別側と反差別側の双方に問題があったことを示唆し、白人至上主義者を名指しで批判することを避けるものでした。この会見は、人種差別を相対化するものと受け取られ、その後のメディアで激しい批判を受けます。

それを受けて行われた2回目の会見では、「人種差別は悪」であるとし、白人至上主義者やネオナチを名指しで批判しました。ところが、今度はその批判がいかにも熱のこもっていない(よって大統領の本心ではない)印象を与えてしまいます。

決定的だったのが、政権批判が一段と高まった中で行われた3回目の会見。ここで、トランプ大統領は開き直りとも見える態度をとり、どっちもどっち論をさらに強調する姿勢に回帰したのです。それは、米国政界、米国社会が長年かけて到達した人種差別に対する「決まり事」を前面的に無視する逆ギレ会見でした。

一連の発言から推察されることは、政権が事件への対応をめぐって逡巡していたこと。大統領は意図してどっちもどっち論を取ったこと。軍出身で新任のケリー首席補佐官を中心に発言の修正を試みられたこと。ところが、それは大統領の本心ではなく、最後は大統領の地が出たということ。そして、現政権は、大統領の地をうまくコントロールすることができないということです。

遠い歴史の問題ではなく、現在の問題として人種差別に苦しむ米国社会にあって、大統領の発言は傷に塩を塗り込むかのようなもの。いつもは、党派性の中で激しい応酬をぶつけ合う、米メディアのプロ達が怒るよりも前に傷つき、涙していることが印象的でした。

大統領の諮問機関に名を連ねていた財界人達がこぞってその職を辞すと発表したため、大統領は複数の諮問機関そのものを解散せざるを得ませんでした。これまで、大統領を直接批判することを控えていた共和党穏健派の大物議員が大統領の精神状態に疑義を呈するまでに至りました。さすがに危機感を募らせた政権は、政権内の右派の大物であり、トランプ氏当選の立役者の一人であったバノン補佐官の更迭を発表し、事態の鎮静化に必死です。

最新の世論調査では、共和党支持者の間での政権支持率は依然として60%台後半。主流メディアが批判一色であるにも関わらず、政権の支持率が底堅いわけですから、直ちに政権基盤が壊れる状況にはありません。そして、外からは全米がトランプ批判一色であるように見えながら、政権のコアな支持層がトランプ支持を崩していない点が、米国社会の分断を象徴していると言えそうです。

あわせて読みたい

「ドナルド・トランプ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    埼玉県でマスク30万枚が野ざらし

    SmartFLASH

  2. 2

    中韓が日本産盗む?対立煽る報道

    松岡久蔵

  3. 3

    安倍首相の暴走許す自民党は末期

    田原総一朗

  4. 4

    ひろゆき氏 五輪の開催は難しい

    西村博之/ひろゆき

  5. 5

    新型コロナで公共工事中止は愚策

    近藤駿介

  6. 6

    コロナにゲイツ氏「100年に1度」

    ロイター

  7. 7

    石破氏 船内対応巡る発言を反省

    石破茂

  8. 8

    在宅勤務に賛成して休校否定の謎

    やまもといちろう

  9. 9

    マラソン決行 主催の説明に呆れ

    WEDGE Infinity

  10. 10

    政府の無策が招く東京五輪中止

    渡邉裕二

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。