記事

原爆部品運んだ後沈没の米巡洋艦、フィリピン海底で残骸発見

[19日 ロイター] - 米マイクロソフトの共同創業者ポール・アレン氏率いる民間調査チームが18日、第二次大戦末期に日本軍の魚雷攻撃で沈没した米重巡洋艦「インディアナポリス」の残骸を、フィリピン海の水深5500メートルで発見した。海軍が19日、明らかにした。

「インディアナポリス」は、1945年7月30日、広島に投下された原子爆弾の部品を運搬する任務を終えた帰りに日本の潜水艦から攻撃を受け、12分で沈没。乗船していた1196人中最終的に救助されたのは316人にとどまった。

アレン氏はウェブサイトに公開した声明で、海軍の歴史家が2016年に発見した新情報に基いて数カ月にわたり1500平方メートルの海域を調査した結果、残骸を発見したと述べた。詳細な発見地点については、海軍から機密扱いを求められているという。

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  2. 2

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  3. 3

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    欧州の教訓 PCR検査は対策ならず

    PRESIDENT Online

  5. 5

    大阪都構想 賛成派ほど理解不足?

    赤池 まさあき

  6. 6

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  7. 7

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  8. 8

    年内閉店も 飲食店の淘汰は本番

    内藤忍

  9. 9

    「007」初代ボンドの俳優が死去

    ABEMA TIMES

  10. 10

    国民生活の改善でトランプ氏優勢

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。