記事

オールクーポンジャパンが不当なクーポンの二重価格を撲滅する委員会を発足

画像を見る

消費者庁が10月28日に発表した「インターネット消費者取引に係る広告表示に関する景品表示法上の問題点及び留意事項」(PDF)が、フリーミアムという名の下にビジネスをおこなうインターネット事業者に大きなインパクトを与えたことは記憶に新しい。この通達によって大きく影響を受けると考えられていたのが、ソーシャルゲームと共同購入系クーポンサービス事業者だ。

11月7日、オールクーポンジャパンはこの問題に事業者として取り組もうと「不当な二重価格」撲滅委員会を発足させた。共同購入といえば、昨年末に発生したいわゆる「おせち事件」以来、その品質を担保すべくいくつかのグループでガイドラインを立上げようという動きも散見されたが、そこまで大きな活動にまでは至っていない。やはり特定事業者が音頭をとって業界内のルールを決めるのは強制力の点でも難しかったのだろう。

その点、オールクーポンジャパンはそれらの事業者を束ねるポータルだ。オールクーポンジャパンの代表取締役、濱田優貴氏も二重価格の通報を受けた場合「調査の上、オールクーポンへの掲載停止、悪意のある場合は消費者庁に通報する」と真剣に悪質業者の排除に取り組むという。

オールクーポンジャパンとしてもクーポン事業者は顧客となるわけで、そのあたり事業のバランスが崩れないのか、と尋ねたところ、もちろんパートナーとは良好な関係を継続したいとしつつ「問題が店舗側にある場合もある。調査をしっかりしたい」と話してくれた。

もし、あなたが二重価格をみつけたら、このページから報告してみるといいだろう。

画像を見る
Author : Web : facebook : Twitter
スタートアップデイティングの共同オーガナイザーです。前運営時のTechCrunch Japanでは東京Campなどのイベントやライター活動も実施。2011年にbootupAsiaを設立。

Co-Founder for bootupAsia Inc. and @startupdating. Writer of TechCrunch Japan
http://bootup.asia

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ホロコースト揶揄を報告した防衛副大臣に呆れ 政府のガバナンスは完全崩壊か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月23日 10:46

  2. 2

    不祥事続く東京五輪 大会理念を理解せず、市民の生活を軽視した組織委員会

    森山たつを / もりぞお

    07月23日 10:25

  3. 3

    累計8700億円「日本一レコードを売った男」酒井政利氏の〝武勇伝〟

    渡邉裕二

    07月23日 13:02

  4. 4

    将来的に車検で印紙払いが廃止 キャッシュレス払いによる一括払いにも対応

    河野太郎

    07月23日 21:36

  5. 5

    「BTSって誰?」今さら知らないとは言えないので、初心者が通ぶれる小ネタ集めてみた

    放送作家の徹夜は2日まで

    07月23日 08:07

  6. 6

    感染爆発は起こらないことが閣議決定されました

    LM-7

    07月23日 22:45

  7. 7

    橋本会長、「選手のプレイブック違反」証拠をお見せします 出場資格を取り消せますか

    田中龍作

    07月23日 08:33

  8. 8

    東京2020オリンピック競技大会の開幕にあたって

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    07月23日 17:52

  9. 9

    五輪の失敗 誘致直後から「復興」の大義名分が迷走していたからか

    片岡 英彦

    07月23日 10:09

  10. 10

    電通・博報堂の価値観のままで、オリパラを乗り切れるか

    篠田 英朗

    07月22日 12:16

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。