記事

歴史無視の「江戸ロマン」で築地を殺すな

1/2
市場移転問題で注目を集める「築地ブランド」。そのイメージは「魚河岸」と「江戸」に閉じ込められつつある。だが、かつて築地は開国と文明開化を体現する街だった。銀座のおしゃれなイメージも築地に由来するものだ。そうした歴史を無視して、「観光客向け江戸ロマン」に浸れば、結局街を殺すことになる。宗教社会学者の岡本亮輔氏が警鐘を鳴らす――。

■市場移転をめぐる「半端」な結論

築地の雰囲気はターレが作り出している。「仕事が忙しい」を具現化したような乗り物だ。

家業の手伝いで小学生の頃から築地市場に出入りしていた。トラックは無理でも、ターレは扱えるような気がして運転台に上がりこみ、これ以上ないほど怒られた記憶がある。

鮮魚店が市場で買いつけた魚をトラックに積み込み、それを銀座・日本橋・上野・浅草の百貨店の店舗に搬入するのを手伝う。開店前までに運び込むため、10時前には一段落する。トラックで中央通りと昭和通りを走って築地から浅草に至るまでの間、現在の観光ガイドがPRするような「江戸」の風情を感じることはまったくない。

「市場は豊洲に移転するが、築地のブランドも活かす」。中央卸売市場の移転をめぐり、半端な結論が出された。

築地から豊洲への移転は、古い東京から新しい東京への移動のようにも映るかもしれない。明暦の大火(1657年)をきっかけに造られた築地から、関東大震災(1923年)の瓦礫処理で造られた豊洲へ移転するのだから、そういう見方も可能だろう。しかも、豊洲の新施設は流通・電力・温度管理といった機能面で築地を大きくしのぐ。

しかし、築地を古い東京として、安易な江戸懐古趣味に閉じ込めてしまうのはもったいない。築地の場所の記憶を少し振り返ってみても良いだろう。

■100年前にも起こっていた魚河岸移転問題

およそ100年前も、魚河岸は移転問題で揺れていた。

かつて魚河岸は現在の日本橋本町1丁目、日本橋室町1丁目あたりに存在した。その歴史は古く、徳川家康が入府の際、摂津国西成郡佃村の漁夫を移住させ、魚河岸を開設させたという。その後、日本橋魚河岸は江戸の発展と共に拡大してゆく。

1902年頃、この歴史ある魚河岸が東京市の市区改正の都合で箱崎に移転する案が持ち上がる。現在と同じように移転派と移転反対派が対立し、業者・地元民・東京市・警視庁などを巻き込み、論争は20年以上も続いた。

当初は移転反対派が優勢だった。300年以上も同地で商売をしてきたという愛着と誇りが魚河岸の人々にはあった。だが、10年ほどたつと様子が変わってくる。移転候補地に芝浦が浮上し、賃料の安さや敷地の広さなど、移転にともなうメリットが明らかになってきたのだ。

さらに大きかったのが1922年10月のコレラ発生だ。

それまで日本橋魚河岸では、疫病流行の際も病人を出したことがなく、魚の安全性を強調してきた。しかし、この時は病人が出てしまい、一時閉鎖に追い込まれた。

翌月、東京市計画局長をはじめとする東京市幹部・警視総監・市議会議員などが芝浦移転を前提に魚河岸を視察した。そして、魚がじかに土の上に置かれていることや、建物が築40年を超え、しかも市場と住宅が混在していることが批判された。要するに、現在と同じように、衛生上・機能上の問題点が指摘されたのである。

そして翌年、移転は一気に決定する。関東大震災の発生だ。

作家・田山花袋は日本橋魚河岸で被災した女性の語りを書き留めている。彼女は火災から逃れるため、魚を運ぶエンジン付きの舟に70~80人で乗り込んだ。

それから、舟は川の中を行くんですけれど、両側が火で、それがあおるように落ちかかって来るんですから、何のことはない、火の子の降る中を通って行くというようなものでした。ですから、あとでしらべて見た時には、七、八十人も乗ったのが、あっちで落ち、此方でおちして、終には四十人ぐらいになってしまいましたよ(田山花袋『東京震災記』)

こうして日本橋魚河岸は壊滅的な被害を受け、芝浦移転を余儀なくされた。鮭・鯖・鱒くらいしかなかったが、震災から3週間後には芝浦で商いが再開された。

しかし、数カ月もすると芝浦の敷地が手狭で、中心街からも遠いことが問題になった。その結果、急遽、移転したのが築地であった。

あわせて読みたい

「築地市場移転問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    富田林署員エロサイト閲覧に衝撃

    赤木智弘

  2. 2

    親世代と大違い 名門私立の凋落

    PRESIDENT Online

  3. 3

    沖縄の民意無視 土砂投入に怒り

    五十嵐仁

  4. 4

    絶望的にスマホ無知 日本の現状

    キャリコネニュース

  5. 5

    パリ暴動 マクロン氏の冷酷措置

    田中龍作

  6. 6

    富裕層の贈り物はなぜ気が利くか

    内藤忍

  7. 7

    HUAWEI排除「通信は安全」幻想に

    S-MAX

  8. 8

    消費税 クレカ還元は金持ち優遇

    舛添要一

  9. 9

    賃金上昇せず 増税で景気後退か

    MONEY VOICE

  10. 10

    前原氏 バラバラ野党の現状謝罪

    国民民主党

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。