記事

退屈さがたまらないNHK日曜朝の長寿番組

2/2

■地下街で夢を追う若者と、応援する老人

県内随一の膨大な在庫で、県外からもマニアが訪れる中古レコード店は、現在の西堀ローサでは成功例なのだろうが、古物商を数少ない商業的な成功例としている時点で、シャッター街の再生が容易でないことも見て取れる。実際、6月8日の新潟日報では、市関連施設の賃貸収入が6割強を占める「行政頼み」の体質で、2017年3月期決算では6年ぶりに最終赤字となったことが報じられていた。

とはいえ、活気のある部分を撮らなければ、番組は暗くなるばかりだ。なので、山田アナは地下街の奥に設けられた小さな無料ステージスペースへ足を運び、そこに集う人々にフォーカスを当てる形で「ストーリー」を展開していく。

歌やお笑いを舞台でかける夢を追う若者からは、コント芸人を目指している若い女性。老人たちの憩いの場という側面からは、病気でドラムをたたけなくなったが、毎日足を運んでライブを応援している老人。この2人の対比から、小さな無料ステージスペースが、夢追い人と応援する人々が集う人生の交差点であることが強調される。こうした都会のアジールにフォーカスを当てる趣向は同局の『ドキュメント72時間』と似た印象を受けるが、作り方は根本的に違う。

取材場所を固定し、3日間に訪れた人々の取材映像から面白い人間模様を拾っていく『ドキュメント72時間』は、取材場所の選択と事前のリサーチで予想できるとはいえ、運頼みの要素が大きい。そのため、本来のコンセプトを完全に遵守すると、回によっての当たり外れが激しくなる。実際、当たり回が多かった最盛期の2015年には、「偶然」を装った仕込みもあった、という告発記事が出ている。

『ドキュメント72時間』の面白さは、古典的な紀行ドキュメンタリーが偶然性を強調するリアリティショーの手法へ接近したことで生まれたものだが、ドキュメンタリーの看板で放送している以上、その面白さには限界がある。

『小さな旅』は、取材場所をアナウンサーが集中的に歩いていく形式なので、「偶然」を装っていたとしても、すべて「必然」だ。事前にディレクターがリサーチし、台本を作り込み、取材対象の許可も取る。前述の若い女性と老人の交流もおそらく、事前のリサーチで拾った「物語」から脚色している。

実際、現地周辺のSNSやブログを見ると、前述のレコード店では店長から常連たちに撮影日が告知されており、無料ステージスペースの出演者が放送前のフライング告知を消した形跡もあった。

できるだけ自然に見えるよう編集されているが、台本を丁寧に作り込んでいる分、「偶然」も起こらない。民放系の作り手からは「紙芝居」と揶揄されている旧世代の手法であることも隠さない。『ドキュメント72時間』のリアリティショー的な「偶然」の演出に慣れている先鋭的な視聴者には退屈だろうが、保守的な視聴者にストレスを与えないことが『小さな旅』の流儀だ。

この回に限れば、老朽化した地下街という取材場所のセレクトも含めて、制作側が『ドキュメント72時間』を意識していたのかもしれない。普段の『小さな旅』は、登場人物を絞り込み、その生活を追うことで地域を捉えていくので、取材場所を固定して地域を捉えるケースは珍しいのだ。

■長寿番組が見せた小さな「揺らぎ」

しかし、後半、山田アナが封筒の宛名書きや短歌の清書などを請け負う代筆専門店を訪れたあたりから、方向性が急激に変わっていく。

山田アナが地下街を離れ、店主の女性の自宅へ行ってしまうのだ。

これまでの流れから考えると、もともと新潟大和の筆耕技士であり、閉店により地下街で自分の店を持ったという店主の経歴から、町の衰退と再生、といった結末へ話を持っていくのが、ドキュメンタリー的には収まりが良いのだが、『小さな旅』は凡人の予想をあっけなく凌駕する。

大ベテランである山田アナの語りは穏やかで、筆耕技士が依頼者の事情や心情を汲み取り、最適の書体と加減で文字を書く職業であることを丹念に説明していく。確かにその繊細な技術には感心したのだが、亡き母を詠んだ依頼者の短歌を色紙に書いた際の「母」という文字に込められた想い、という極めて個人的な話でストーリーが収束してしまった。

その後、筆耕技士の後継者育成という話で、視点は地下街へ一応戻ったのだが、地下街の人間模様からいきなりの方向転換には、少し面食らった。番組自体は丁寧に作り込まれているから、意識して観なければ気にも留めないのだろうが、これは強引だ。

それでも、視聴後の筆者は笑顔だった。34年間、淡々と続いてきた番組が少しだけ揺れて、すぐに立ち戻ったことに。47年続いている『遠くへ行きたい』ですら少しずつ手法を変えているのに、『小さな旅』は『新日本紀行』から受け継いだ、NHK的紀行ドキュメンタリーの流儀をかたくなに守り続けている。

この不思議な退屈さこそが『小さな旅』なのだ。大きな物語にせず、個人の生活風景に留めることが『小さな旅』の矜持なのだ。そのために若干の無理が生じても。

(コラムニスト 更科 修一郎)

あわせて読みたい

「NHK」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

  3. 3

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

  4. 4

    よしのり氏「皇女」案に危機感

    小林よしのり

  5. 5

    GoTo停止の是非を論じる無意味さ

    木曽崇

  6. 6

    意見広告は嘘でも許容されるのか

    島田範正

  7. 7

    赤旗は佐藤優氏批判する資格なし

    鈴木宗男

  8. 8

    トランプ氏が大統領選でついた嘘

    文春オンライン

  9. 9

    医療崩壊を煽る報道に医師が怒り

    名月論

  10. 10

    よしのり氏 コロナの正体見たり

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。