記事

退屈さがたまらないNHK日曜朝の長寿番組

1/2

コラムニスト 更科 修一郎

NHKで日曜朝に放送されている『小さな旅』。退屈に感じられるくらいゆったりとした紀行番組で、人気番組『ドキュメント72時間』が「偶然」をうまく演出するのとは対照的だ。だがコラムニストの更科修一郎氏は「この退屈さは制作者の矜持だろう」と読み解く。そんな長寿番組のもつ不思議な魅力とは――。

土日の早朝枠は、辺境番組の寄り合い所帯だ。

古き良き時代のテレビ局の良心的番組が残っているが、裏を返すと、固定客だけの保守的な長寿番組が寄り集まっている。

土曜早朝は『渡辺篤史の建もの探訪』(1989年~)、『おかずのクッキング』(1974年~/共にテレビ朝日)、『皇室アルバム』(1959年~/毎日放送)。日曜早朝は『テレビ寺子屋』(1977年~/テレビ静岡)、『時事放談』(1957年~/TBS)、『遠くへ行きたい』(1970年~/読売テレビ)……筆者が子どもの頃から新聞のテレビ欄に載っていた番組だが、わざわざ早朝に起きて観ることは稀だ。

NHK総合の『小さな旅』も、そういう長寿番組のひとつだ。「街歩き」と「出会い」の紀行ドキュメンタリー番組として、1983年から34年間続いている。初期の『小さな旅』は『関東甲信越小さな旅』というタイトルで、関東ローカルではゴールデンタイムの木曜19時半に放送されていた。当時はそれなりに人気番組だったのだろう。

『関東甲信越小さな旅』が始まった80年代初頭、紀行ドキュメンタリー番組は他局にもたくさんあった。民放では『兼高かおる世界の旅』(1959~90年/TBS)、『野生の王国』(1963~90年/毎日放送)、『すばらしい世界旅行』(1966~90年/日本テレビ)などの海外紀行番組が長寿番組だった。だが『なるほど!ザ・ワールド』(1981~96年/フジテレビ)、『世界まるごとHOWマッチ』(1983~90年/毎日放送)以降、紀行ドキュメンタリーはバラエティ番組の一要素となり、ジャンル単体での定期放送枠は消滅していく。

国内紀行番組も、芸能人ゲストを旅人に見立てた『遠くへ行きたい』の方向性をよりバラエティ寄りにした、『いい旅・夢気分』(1986~2013年/テレビ東京)のような旅行番組が主流になっていく。それでも、海外紀行番組よりは低予算なので、民間放送初期に教育専門局や準教育局だった局では、長く残った番組もあった。例えば、教養系紀行ドキュメンタリーの先駆的存在だった『真珠の小箱』(毎日放送)は、1959年から2004年まで、45年間も放送されていた。

■『新日本紀行』の後釜だったはずの『小さな旅』

NHKでは1963年から1982年まで、18年間続いた『新日本紀行』(NHK総合)が知られているが、83年に始まった『関東甲信越小さな旅』は、その後継的な意味合いもあったのか、1991年から全国番組となり「関東甲信越」の冠が取れた。だが、2000年に木曜夜から日曜朝へ移動してからは、ほとんど忘れられた番組になった。

画像を見る
NHKアーカイブス『新日本紀行』より

それでも、大野雄二作曲のテーマ曲「光と風の四季」を聴けば、その存在を思い出す人も多いはずだ。国内紀行番組のテーマ曲としては『新日本紀行』の冨田勲作曲「祭りの笛」と双璧だが、荘重な「祭りの笛」と静謐な「光と風の四季」は好対照であった。

同時にそれは、番組の方向性の違いでもあった。アナウンサーが日本各地の原風景を訪ね歩くという形式は同じだが、日本各地の伝統や風習を記録する風土記の色合いが強かった『新日本紀行』に対し、『小さな旅』は人々の生活風景を映すだけで、当時としては「軽い」お茶の間向けの紀行番組だった。

なお、NHKを代表する紀行ドキュメンタリー『NHK特集 シルクロード 絲綢之路』は1980年に放送開始している。『新日本紀行』の本筋だった風土記路線は海外ロケの『シルクロード』へ発展し、生活風景路線は『小さな旅』へ枝分かれした。

7月15日に放送された『小さな旅 地下の街 袖すり合って ~新潟市 古町~』は、万代橋を経由する映像を経て、山田敦子アナウンサーが41年前に作られた新潟市の古い地下街へ入っていく場面から始まる。

画像を見る
NHK『小さな旅』公式サイトより

客がテーブルを囲んで店員と談笑している服飾店の風景を通し、この地下街がサブタイトルの通り、中高年層が「まったり」と交流している空間ということが語られる。

地下街はさびれているが、人通りが途絶えたわけではない。テナントにはリサイクルショップや中古レコード店があり、後者の雑多な品揃えから、41年前のヒット曲だったピンク・レディー『ペッパー警部』のレコードジャケットが発掘され、地下街開業当時の風景とオーバーラップする。

新潟市西堀地下商店街、通称「西堀ローサ」は、地上駅や地下鉄と接続しない珍しい地下街だ。そんな地下街が存在するのか、と驚くが、古町ならばそうだろうな、とすぐ納得する。新潟市街部の公共交通網は脆弱で、道路交通への依存率が極めて高いのだ。

中心部の古町は昭和新潟大火(55年)と新潟地震(64年)の惨禍に遭っても、新潟市最大の繁華街として栄えていた。70年代に入るとモータリゼーションの波が押し寄せ、巨大な地下駐車場を作ることになる。駅につながらない地下街はその副産物なのだが、接続している三越や大和百貨店の客層とかぶらない若者向けのテナント構成が幸いし、80年代までは流行の最先端を走っていた、しかし、バブル崩壊後は信濃川対岸の新潟駅前や万代シテイが再開発され、若年層が流れたことから、古町全体が衰退していく。

一時はシャッター街と化していた西堀ローサは、中高年層向けのテナント構成に再編され、現在は330メートルの通路に33店舗が入っている。シャッター街から脱却するため、家賃は安いが、採算が取れるのかどうか怪しい店も多い。三越や大和の補完的役割を期待されていたのだろうが、新潟大和は2010年に閉店し、現在は解体作業が進んでいる。

あわせて読みたい

「NHK」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  2. 2

    岡村隆史の結婚でNHKは一安心?

    渡邉裕二

  3. 3

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  4. 4

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  5. 5

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  6. 6

    わかりやすさ求めるメディアの罪

    村上 隆則

  7. 7

    菅首相の社会像「腹立たしい」

    畠山和也

  8. 8

    高齢者の命守る のどちんこ鍛錬

    毒蝮三太夫

  9. 9

    陽性者数報道がコロナ拡大抑制か

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    「石原さとみ夫=一般人」に不満?

    いいんちょ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。