記事
  • ヒロ

韓国の色は何色に染まっているのか?

1/2
このところ、中国や北朝鮮、アメリカの話題を振らせて頂きましたが、本命、韓国の話題もそろそろ触れておかねばなりません。

個人的にたいへん興味がある韓国社会と文化、歴史ですが、どうもこのところ韓国が大きく変わってきたようにみえます。この1年ぐらいだと思いますが、朴槿恵氏の問題、及びサムスン電子の副会長で実質トップの李在鎔氏が拘留されてから韓国の色は明らかに経済成長を目論んでいた李明博政権時代とは違う道を歩んでいるようです。

あの頃はサムスン、ヒュンダイをはじめ、韓国財閥企業が世界に進出し韓国の地位を大きく引き上げました。その一つに747公約 (年7%成長、10年以内に1人当たり国民所得4万ドル、10年以内に世界7大国入り)がありました。確かに勢いがあったのですが、李明博氏の計算は中国がそのうちに大きく成長してくるだろうからその前に韓国の地位を確保しておかないと危うくなる、という危機感がその背景でしょう。

その懸念は想定以上のスピードで訪れたと思います。電子機器や携帯電話市場をはじめ、自動車産業、造船業は中国とかぶる部分も多く、中国を含む世界市場で思ったような成果を上げられない状態が続きます。それと入れ替わるように訪韓中国人で観光業がにぎわい、済州島は中国人に乗っ取られるのではないか、とまで言われたのはつい2年ぐらい前だったはずです。

が、THAADの問題でそのシナリオは崩れたどころか、加速度をもって崩壊の過程にあります。

韓国がなぜ、これほどまでにあっさりと状況変化を起こしたのかは大きいテーマになりますので今日は割愛しますが、一種の「赤化」が起きているとみています。この赤色はかつての共産の赤ではなく、中国の赤であります。いつの間にかアメリカの庇護にあった韓国が骨抜きにされていたとも言えます。

それが「小中華国家の歩む宿命」と言ってしまえばそれまでですが、日本との温度差も明白になり、朝鮮半島の「中国化」で日本との壁がより鮮明になる可能性はあります。

あわせて読みたい

「韓国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    徴用工で対抗? 河野氏が「誤解」

    河野太郎

  2. 2

    れいわ 3議席以上獲得で政界再編

    田中龍作

  3. 3

    「TV局は株主」吉本の癒着を暴露

    BLOGOS編集部

  4. 4

    若者の投票では変わらぬ日本社会

    西村博之/ひろゆき

  5. 5

    ポピュリズム人気は好景気の兆候

    吉崎達彦(かんべえ)

  6. 6

    よしのり氏 山本太郎に投票した

    小林よしのり

  7. 7

    宮迫への無神経質問に非難が殺到

    女性自身

  8. 8

    男の愛撫は痛い SOD女性社員訴え

    AbemaTIMES

  9. 9

    韓国の日本大使館突入に抗議せよ

    tenten99

  10. 10

    よしのり氏 京アニ火災に虚しさ

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。