記事

マックと吉野家に共通する「成功の本質」

1/2

東京工業大学特命教授 池上 彰

世界最大のハンバーガーチェーン「マクドナルド」を築き上げたレイ・クロック。公開中の映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』では、彼の自伝『成功はゴミ箱の中に』(プレジデント社)をもとにその経営手法を描いている。本作を観たジャーナリストの池上彰氏は「ビジネスを成功させるにはこうするのか、と感じた」と評している。それはどういう意味なのか。池上氏の特別寄稿をお届けする。

■今のハンバーガーの原型は「マック」

画像を見る
池上彰・東京工業大学特命教授(右)。映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』トークイベントの様子。

レイ・クロックのことは知っていました。30年ほど前に『マクドナルド――わが豊饒の人材』という本(1987年、ダイヤモンド社刊)を読み、マクドナルド兄弟から権利を奪い取った話も知ったのです。映画を観て「ああ、そうだったなあ」と思い出しました。

恐らくみなさんは、今のスタイルの「ハンバーガー」が当たり前だと思っているでしょう。「バンズ」と呼ばれるパンの間に「パテ」と呼ばれる牛肉がはさんであり、ワックスのかかった紙に包まれたスタイル――。あれは「マクドナルド」によって開発されたものなのです。それが映画を観ればわかりますし、ハンバーガー店の成り立ちもわかりますよね。窓口で注文すると紙袋に入った商品が渡されるやり方は、当時の人々が「なんだ、これは?」と驚く斬新な方法でした。

他のハンバーガー店ではクルマを止めていると、ローラースケートを履いたウエートレスさんが滑りながら注文を取りに来る――逆に、今の人たちが観れば、「当時はこうだったのか」という驚きがあるでしょう。

■メニューを絞った「選択と集中」

ビジネスの視点でいえば、すでに60年以上前から「選択と集中」として、「単品経営」を実現していたことに気づかされます。

1954年にレイ・クロックが見た当時の「マクドナルド」は、ハンバーガーのメニューはたった2種類。15セントの「ハンバーガー」と19セントの「チーズバーガー」しかありませんでした。「フライドポテト」がハンバーガーと同じ15セント。そして「ソフトドリンク」が10セント、「ミルクシェイク」が20セント、「コーヒー」が1杯5セントで、これがすべてのメニューでした。あれもこれもと広げるのではなく、メニューを絞って作業効率を高めていたのです。

マクドナルド兄弟の店は店内も清潔に保たれていましたが、後にレイ・クロックがFC(フランチャイズチェーン)展開した後、やる気のないオーナーの店では、店内にゴミが散らかっていた。それを見たクロックが怒りながら片づける――。現在の我々から見れば当たり前ですが、当時はそうではなかった。

クロックは無意識のうちに、飲食店にとって大切な「QSC」(Quality=品質、Service=サービス、Cleanliness=清潔・清掃の頭文字)や「5S」(整理・整頓・清掃・清潔・しつけ)を実践していたのです。画期的なシステムというのは、後世になって評価されるのですが、当人は必死になって取り組んでいました。

あわせて読みたい

「マクドナルド」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。